坊がつる讃歌/芹洋子

投稿者He_ui_2ndプレイ回数00
楽曲情報 坊がつる讃歌  横内正&山の仲間たち  作詞神尾 明正  作曲竹山 仙史
難易度(2.2) 365打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌謡曲 唱歌 みんなのうた
春日八郎 ボニー・ジャックス 横内正&山の仲間たち ほか
・「雪解」は「ゆきげ」と入力してください。
・「大船」は「たいせん」と入力してください。
※このタイピングは「坊がつる讃歌」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ひとみなはなにようときも)

人 みな 花に酔うときも

(ざんせつこいしやまにいり)

残雪 恋し 山に入り

(なみだをながすやまおとこ)

涙を流す 山男

(ゆきげのみずにはるをしる)

雪解の水に 春を知る

(みやまきりしまさきほこり)

ミヤマキリシマ 咲き誇り

(やまくれないにたいせんの)

山 紅に 大船の

(みねをあおぎてやまおとこ)

峰を仰ぎて 山男

(はなのなさけをしるものぞ)

花の情けを 知る者ぞ

(しめんやまなるぼうがつる)

四面 山なる 坊がつる

(なつはきゃんぷのひをかこみ)

夏はキャンプの 火を囲み

(よぞらをあおぐやまおとこ)

夜空を仰ぐ 山男

(むがをさとるはこのときぞ)

無我を悟るは この時ぞ

(いでゆのまどによぎりきて)

出湯の窓に 夜霧 来て

(せせらぎにねるやまやどに)

せせらぎに寝る 山宿に

(ひとやをいこうやまおとこ)

ひと夜を憩う 山男

(ほしをあおぎてあすをまつ)

星を仰ぎて 明日を待つ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

He_ui_2ndのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971