夕立ち/ゆず

投稿者こまプレイ回数000
楽曲情報 夕立ち  ゆず  作詞岩沢 厚治  作曲岩沢 厚治
難易度(3.8) 897打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 ゆず リボン 夕立
※かぎかっこ、句読点等は全てカットしてます。
岩沢さん、通称がんちゃんの独特の世界観。
激しい夕立の雨粒が刺さるように、心に残る曲です。

※かぎかっこ、句読点等は全てカットしてます。
※このタイピングは「夕立ち」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆうだちのほかになにをりゆうにしろというのか)

夕立ちの他に何を理由にしろと言うのか

(なにかいいたげなかおしてごまかしてはわすれてく)

何か言いたげな顔してごまかしては忘れてく

(かたりあうほどたしかなそんなじだいでもなかった)

語り合う程確かなそんな時代でもなかった

(ただめをふさいでばかりでもふかいやみよにさよならはいえない)

ただ目を塞いでばかりでも深い闇夜にさよならは言えない

(そうぞうしてもあきたらずぜんしんしてもおいつけもせず)

想像しても飽き足らず 前進しても追いつけもせず

(なにかがきみをおいこしてゆくだれかがきみをわらいとばした)

何かが君を追い越してゆく 誰かが君を笑い飛ばした

(ひとごみのなかすりぬけてゆくつうこうにんのふりをしながら)

人ゴミの中すり抜けてゆく 通行人のふりをしながら

(だれかがだれかをきずつけてゆくつうこうにんのふりをしながら)

誰かが誰かを傷つけてゆく 通行人のふりをしながら

(きりがないとぎれたはなしきせつはずれのあめのなか)

きりがない途切れた話 季節はずれの雨の中

(むいしきにくりかえしてゆくときはずっとくらがりをおよいでる)

無意識に繰り返してゆく 時はずっと暗がりを泳いでる

(たったちっぽけなじぶんのためおおきいほうのかばんをえらぶ)

たったちっぽけな自分の為 大きい方のカバンを選ぶ

(ぼくはなにをすてられるのだろうなにからぼくはすてられるだろう)

僕は何を捨てられるのだろう?何から僕は捨てられるだろう?

(ちゅうがくせいのころにおぼえたひとをほんきでにくむということ)

中学生の頃に覚えた 人を本気で憎むという事

(それなりにとしはかさねてきたがいまだにこころのなかにねづく)

それなりに歳は重ねて来たが 今だに心の中に根付く

(ひとごみのなかすりぬけてゆくつうこうにんのふりをしながら)

人ゴミの中すり抜けてゆく 通行人のふりをしながら

(だれかがだれかをきずつけてゆくつうこうにんのふりをしながら)

誰かが誰かを傷つけてゆく 通行人のふりをしながら

(ゆうだちのほかになにをりゆうにしろというのか)

夕立ちの他に何を理由にしろと言うのか

(なにかいいたげなかおしてごまかしてはわすれてく)

何か言いたげな顔してごまかしては忘れてく

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。