光の破片

投稿者一花プレイ回数00
楽曲情報 光の破片  高橋 優  作詞高橋 優  作曲高橋 優
難易度(2.5) 1054打 歌詞 かな 長文モード可タグアニメ・マンガ 光の破片 高橋優 アニソン orange
orange OP
※このタイピングは「光の破片」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かたちもいろもちがうびーずが)

形も色も違うビーズが

(てーぶるのうえでひかってた)

テーブルの上で光ってた

(たがいがたがいをてらしあって)

互いが互いを照らし合って

(いろとりどりかがやいてた)

色とりどり輝いてた

(ひびがわれてもすこしかけても)

ヒビが割れても 少し欠けても

(そのはへんさえかがやいてた)

その破片さえ 輝いてた

(よりそいあいながら)

寄り添い合いながら

(ときにとおざけながら)

ときに遠ざけながら

(ふぞろいなかけらとかけらつなぐ)

不揃いな欠片と欠片つなぐ

(いつかのかなしみも)

いつかの悲しみも

(なみだしたおもいでも)

涙した思い出も

(きみのほほえみをいろどるひかり)

君の微笑みを彩る光

(さみしさにまけそうになっても)

淋しさに負けそうになっても

(へいきなふりしてわらってた)

平気なふりして笑ってた

(じぶんのにもつ、ほかのだれかに)

自分の荷物、他の誰かに

(せおわせてしまわないように)

背負わせてしまわないように

(きづいていたよきみのつよさを)

気付いていたよ 君の強さを

(そのよこがおをずっとみてた)

その横顔をずっと見てた

(おれんじいろのそら)

オレンジ色の空

(にしびにてらされて)

西日に照らされて

(ふぞろいなかげぼうしがゆれてた)

不揃いな影法師が揺れてた

(なにかつたえたいのに)

何か伝えたいのに

(なにもいえなかった)

何も言えなかった

(ながれるときとくれてゆくひかり)

流れるときと暮れてゆく光

(いびつなかけらたち)

イビツな欠片たち

(ときにはこすれあい)

ときには擦れ合い

(ひかりにかざしたまんげきょうのように)

光にかざした万華鏡のように

(わかりあえなくても)

分かり合えなくても

(なみだがながれても)

涙が流れても

(ひとりきりではかなえられないけしき)

一人きりでは叶えられない景色

(わらいあえたことも)

笑い合えたことも

(ぶつかりあったことも)

ぶつかり合ったことも

(ぼくのたいせつなたからもの)

僕の大切な宝物

(かきあつめたびーずで)

かき集めたビーズで

(なにがつくれるだろう?)

何が作れるだろう?

(いろあせないひかりのかけらたち)

色あせない光の欠片たち

(おれんじいろのそら)

オレンジ色の空

(にしびにてらされて)

西日に照らされて

(ふぞろいなかげぼうしがゆれてた)

不揃いな影法師が揺れてた

(なにかつたえたいのに)

何か伝えたいのに

(なにもいえなかった)

何も言えなかった

(ながれるときとくれてゆくひかり)

流れるときと暮れてゆく光

(よりそいあいながら)

寄り添い合いながら

(ときにとおざけながら)

ときに遠ざけながら

(ふぞろいなかけらとかけらつなぐ)

不揃いな欠片と欠片つなぐ

(いつかのかなしみも)

いつかの悲しみも

(なみだしたおもいでも)

涙した思い出も

(きみのほほえみをいろどるひかり)

君の微笑みを彩る光