百人一首01~25【入門編】

投稿者3ofHeartsプレイ回数00順位261位
難易度(2.8) 30秒 かな
下の句を現代仮名遣いでタイピングします
上の句から始まる文字が出ますが、タイピングは下の句だけを行います。暗記して素早く解答してください。

※タイピングは現代仮名遣いです。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 no1lion 7066 7.3 96.4% 30.0 220 8 8 2020/11/22
2 4500 C++ 4.7 95.3% 30.0 142 7 5 2020/11/21
3 たえもと 4033 C 4.0 100% 30.0 121 0 4 2020/11/21
4 kimi 2366 F++ 2.5 92.7% 30.0 77 6 2 2020/11/22
5 koto 1233 G+ 1.3 91.1% 30.0 41 4 1 2020/11/22

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(わがころもではつゆにぬれつつ)

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ

(ころもほすちょうあまのかぐやま)

春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山

(ながながしよをひとりかもねん)

あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む

(ふじのたかねにゆきはふりつつ)

田子の浦にうちいでて見れば白妙の 富士の高嶺に雪はふりつつ

(こえきくときぞあきはかなしき)

奥山にもみぢふみわけなく鹿の 声聞くときぞ秋はかなしき

(しろきをみればよぞふけにける)

かささぎの渡せる橋におく霜の 白きを見れば夜ぞふけにける

(みかさのやまにいでしつきかも)

天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山にいでし月かも

(よをうじやまとひとはいうなり)

わが庵は都のたつみしかぞすむ 世をうぢ山と人はいふなり

(わがみよにふるながめせしまに)

花の色はうつりにけりないたづらに わが身よにふるながめせしまに

(しるもしらぬもおうさかのせき)

これやこの行くも帰るもわかれては 知るも知らぬもあふ坂の関

(ひとにはつげよあまのつりぶね)

わたの原八十島かけてこぎいでぬと 人には告げよあまのつり舟

(おとめのすがたしばしとどめん)

天つ風雲のかよひ路吹きとぢよ をとめの姿しばしとどめむ

(こいぞつもりてふちとなりぬる)

つくばねの峰よりおつるみなの川 こひぞつもりて淵となりぬる

(みだれそめにしわれならなくに)

みちのくのしのぶもぢずり誰ゆゑに 乱れそめにしわれならなくに

(わがころもでにゆきはふりつつ)

君がため春の野にいでて若菜つむ わが衣手に雪はふりつつ

(まつとしきかばいまかえりこん)

立ちわかれいなばの山の峰に生ふる まつとし聞かばいま帰り来む

(からくれないにみずくくるとは)

ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

(ゆめのかよいじひとめよくらん)

すみの江の岸による波よるさへや 夢のかよひ路人めよくらむ

(あわでこのよをすぐしてよとや)

難波潟みじかき芦のふしのまも あはでこの世をすぐしてよとや

(みをつくしてもあわんとぞおもう)

わびぬればいまはたおなじ難波なる みをつくしてもあはむとぞ思ふ

など

(ありあけのつきをまちいでつるかな)

いまこむといひしばかりに長月の ありあけの月を待ちいでつるかな

(むべやまかぜをあらしというらん)

吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風を嵐といふらむ

(わがみひとつのあきにはあらねど)

月みればちぢに物こそかなしけれ わが身ひとつの秋にはあらねど

(もみじのにしきかみのまにまに)

このたびはぬさもとりあへず手向山 もみぢのにしき神のまにまに

(ひとにしられでくるよしもがな)

名にしおはば逢坂山のさねかづら 人にしられで来るよしもがな

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。