携帯恋話

投稿者Shinoプレイ回数1079
楽曲情報 携帯恋話  まふまふ  作詞まふまふ  作曲まふまふ
難易度(3.7) 1077打 歌詞 かな 長文モード可タグプロセカ まふまふ 25時、ナイトコードで。 ボカロ
―――――もしもし。
まふまふ様のプロセカ書き下ろし曲、携帯恋話の歌詞タイピングです。
※このタイピングは「携帯恋話」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いつまでもてばなせないかんじょうは)

いつまでも手放せない感情は

(ひとさじのあまさでうすよごれている)

ひとさじの甘さで薄汚れている

(あこがれのものがたりとちがうのはどうしてもふあんになるいじょうのかんしょくがたりない)

憧れの物語と違うのは どうしても不安になる以上の感触が足りない

(ちくたくちくたくきみとかわすとりとめのないことばゆわいて)

チクタクチクタク 君と交わすとりとめのない言葉結わいて

(ちくたくちくたくおわかれのころあいになっただけ)

チクタクチクタク お別れの頃合いになっただけ

(くちもとにのこるあまさはどこへやろう)

口元に残る甘さはどこへやろう

(ねえあいしてをつないでうそだってわらってどこへいたってじゅわきごし)

ねえ愛してを繋いで嘘だって笑って どこへいたって受話器越し

(てごろなれんわきまりのせりふいきをひそめてあいしてるよ)

手頃な恋話 決まりの台詞息をひそめて 「愛してるよ」

(くちをつけずにさめたこうちゃをすてられないようなこいでも)

口をつけずに冷めた紅茶を捨てられないような恋でも

(こころいじょうのことばできみをきかせてもしもし)

心以上の言葉で君を聞かせて もしもし

(おもいでといまをつなぐかいせんがいつからかほつれかけていたんでしょう)

思い出と今を繋ぐ回線が いつからか解れかけていたんでしょう

(ひとりきりなれてしまうてちがいにいつまでもささくれだつこころがやまない)

ひとりきり慣れてしまう手違いに いつまでもささくれ立つ心が止まない

(どうせならもうきみがさいていなことばでこわして)

どうせならもう君が最低な言葉で壊して

(いたずらなやさしさにむねがおかしくなるのくるしくなるの)

悪戯な優しさに胸がおかしくなるの 苦しくなるの

(ちくたくちくたくきみをさがすびょうしんにぎったまままよって)

チクタクチクタク 君を探す秒針握ったまま迷って

(ちくたくちくたくどうせまたおやすみになったふり)

チクタクチクタク どうせまたおやすみになったフリ

(もういいよそれならばもういいよがきょうもいえないや)

もういいよ それならばもういいよが今日も言えないや

(りれきにないようなささやきはいらない)

履歴にないような囁きはいらない

(ねえあいすならあいしていやならばきらってしろくろつかないだーじりん)

ねえ愛すなら愛して 厭ならば嫌って白黒つかないダージリン

(まぶたのいらないうそのことばにあいをせがんでしまういかないでよ)

瞼のいらない嘘の言葉に愛をせがんでしまう 「いかないでよ」

(くちをつけずにさめたこうちゃをすてられないようなこいでも)

口をつけずに冷めた紅茶を捨てられないような恋でも

(こころいじょうのことばできみをきかせてもしもし)

心以上の言葉で君を聞かせて もしもし

(きみとつなげてもしもし)

君と繋げて もしもし

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!