以心伝心☆ミラクルチェンジ

投稿者一花プレイ回数00
楽曲情報 以心伝心☆ミラクルチェンジ  魅音&詩音(雪野五月)  作詞YUMIKO  作曲野中 勇希
ひぐらしのなく頃に 煌 ED
※このタイピングは「以心伝心☆ミラクルチェンジ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(じゃんけんぽんで)

じゃんけんぽんで

(きめたおにでおいかけちゃう)

決めた鬼で 追いかけちゃう

(あっちこっち)

あっち…こっち…

(むなさわぎさめないゆめえいえんよりながく)

胸騒ぎ覚めない夢 永遠より長く

(がらくたにみえるものも)

ガラクタに見えるものも

(だいじにおもうきもちしだい)

大事に思う気持ち次第☆

(だめだとおもったときしおんにはなそう)

ダメだと思った時 詩音に話そう

(はやく!ほうかごがまちどおしい)

早く!放課後が待ち遠しい

(きょうはなにを)

今日は何を

(「おねえとはなそうかな?」)

「お姉と話そうかな?」

(なんでもないかいわも)

なんでもない会話も

(とくべつにへんしん!へんしん)

特別に変身!変身♪

(じゃんけんぽんで)

じゃんけんぽんで

(きめたおにでおいかけちゃう)

決めた鬼で 追いかけちゃう

(あっちそっち)

あっち…そっち…

(むなさわぎさめないゆめえいえんよりながく)

胸騒ぎ覚めない夢 永遠より長く

(「かぎはしんじるこころ」)

「鍵は信じるこころ」

(いしんでんしん)

以心伝心

(いままであったことのない)

いままであったことのない

(とらぶるもちからあわせたたかうから)

トラブルも 力あわせ戦うから

(みらくるにかえていこう)

ミラクルに変えていこう

(あいえんきえん)

合縁奇縁

(あしたがちょっとくらいとおくなっても)

明日がちょっとくらい 遠くなっても

(まわりみちをえらぶきょうはだれよりかがやいてる)

回り道を選ぶ今日は 誰より輝いてる

(yes!ourchanceわたしたちふたごで)

Yes! our chance (私たち双子で)

(ourdreamよかったねおねえ)

our dream (良かったね お姉)

(じぶんをこえたとき)

自分をこえたとき

(はじまるんだねですね)

(はじまるんだね)(ですね)

(あすというひがおとずれること)

明日という日が訪れること

(いつもいっしょにいられること)

いつも一緒にいられること

(だれにもおなじようにちゃんすがおとずれる)

誰にも同じように チャンスが訪れる

(だからのがしちゃだめなんですね)

だから逃しちゃ ダメなんですね

(きょうのめいどは)

今日のメイドは

(「おねえにけっていです」)

「お姉に決定です♪」

(なんでもないきょうも)

なんでもない今日も

(みらくるにへんしん!へんしん)

ミラクルに変身!変身♪

(じゃんけんぽんで)

じゃんけんぽんで

(きめたおにでおいかけちゃう)

決めた鬼で 追いかけちゃう

(あっちこっち)

あっち…こっち…

(しゅだんならえらびませんよ!)

手段なら選びませんよ!

(えっしおん)

(えっ 詩音

(ひなみざわにてんこうしてきたの!?)

雛見沢に転校して来たの!?)

(「とびらはうふそっとひらく」)

「扉は(うふ) そっと開く」

(おねえとはいつもいっしょですね)

(お姉とはいつも一緒ですね)

(いしんでんしん)

以心伝心

(いままであったことのないしあわせは)

いままであったことのない幸せは

(おもいあわせこれからさき)

想いあわせこれから先

(ずっとずっとつづけよう)

ずっとずっと続けよう

(あいえんきえん)

合縁奇縁

(みらいがちょっとくらいわからなくても)

未来がちょっとくらい 分からなくても

(しんじてすすんでくきょうはだれよりかがやくんだ)

信じて進んでく今日は 誰より輝くんだ

(どこにいてもきこえる)

どこにいても聞こえる

(しおんおねえのわらったこえが)

(詩音)(お姉)の笑った声が

(こどくだったこころさえも)

孤独だった心さえも

(みらくるにかえたんだよねです)

ミラクルに変えたん(だよね)(です)

(あいえんきえん)

合縁奇縁

(あしたがちょっとくらいとおくなっても)

明日がちょっとくらい 遠くなっても

(まわりみちをえらぶきょうはだれよりかがやいてる)

回り道を選ぶ今日は 誰より輝いてる

(yes!ourchanceこれからもずっと)

Yes! our chance (これからもずっと)

(ourdreamふたりがいいね)

our dream (二人が良いね)

(じぶんをこえたときはじまるのです)

自分をこえたとき はじまるのです