猫と風船

投稿者awoプレイ回数690
楽曲情報 猫と風船  音羽  作詞音羽  作曲音羽
難易度(3.1) 1042打 歌詞 長文モード可タグ48 フォーエイト 音羽 男装女子
※このタイピングは「猫と風船」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 フォーエイト推し 4790 B 5.2 91.7% 197.7 1041 94 37 2021/08/29
2 POPO 3876 D++ 4.2 92.6% 247.4 1041 82 37 2021/10/13

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(さびしくてしんでしまいそうなよるをひきずって)

寂しくて死んでしまいそうな夜を引き摺って

(ふれあったってうまらぬすきまたちかくして)

触れ合ったって埋まらぬ隙間たち 隠して

(いえないないたいなことばにできずわらっていた)

言えないな 痛いな 言葉にできず笑っていた

(からっぽのなきごえがきょうもまたきえてく)

空っぽの鳴き声が今日もまた消えてく

(ずきずきしずかにきずをけずって)

ズキズキ静かに傷を削って

(かくしごとがうまくなって)

隠し事が上手くなって

(だらだらはりをすごして)

だらだら針を過ごして

(あんていをまっているおりのなか)

安定を待っている檻の中

(いついつまでもそばにいてよって)

「いついつまでも側にいてよ」って

(とてもいえるわけない)

とても言える訳ない

(のみこんでつめをしまった)

飲み込んで爪を仕舞った

(ぱちんとわれてしまうようなかんけいなら)

パチンと割れてしまうような関係なら

(このへやにきっときみはいない)

この部屋にきっと君はいない

(わかったようなくちきいてばかばかしい)

分かったような口聞いて 馬鹿馬鹿しい

(はりさけそうなむねをふたりぬいあって)

張り裂けそうな胸をふたり縫い合って

(こころここにあらずになってきょうも)

ココロここに在らずになって今日も

(よるのなかこいし)

よるのなか 恋し

(ひえたからだをふるっていた)

冷えたからだを震っていた

(ころがったってつかめやしないといまおもいたつ)

転がったって掴めやしないと今 思断つ

(ぼくだけがこいに)

ぼくだけが 故意に

(のまれそうなやみをけやぶって)

飲まれそうな闇を蹴破って

(からっぽのなきごえひからせたみつけて)

空っぽの鳴き声光らせた「みつけて」

(ときどきどくどくながれまわった)

時々ドクドク流れ回った

(おくとびょうのちがずっと)

臆と病の血がずっと

(いまでもぼくをどくして)

今でもぼくを毒して

(かんぺきなあいさえまずくなるよ)

完璧な愛さえ不味くなるよ

(ふくれるほどのふくをてまねいて)

膨れるほどの福を手招いて

(こわくなっていたんだろう)

怖くなっていたんだろう

(「ねぇ、もっとふれてもいい?」)

「ねぇ、もっと触れてもいい?」

(えがきだしたやまいだみがってなはなしだ)

描き出した病だ 身勝手な話だ

(かなえたいねがえないただのもうそう)

叶えたい 願えない ただの妄想

(びょうそくでかわりゆくめまぐるしいこころ)

猫速で変わりゆく めまぐるしい心

(ぱちんとわれてしまうようなかんけいなら)

パチンと割れてしまうような関係なら

(このへやにきっときみはいない)

この部屋にきっと君はいない

(わかったようなくちきいてばかばかしい)

分かったような口聞いて馬鹿馬鹿しい

(はりさけそうなむねをふたりぬいあって)

張り裂けそうな胸をふたり縫い合って

(こころここにあらずになってきょうも)

ココロここに在らずになって今日も

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!