ケツメイシ 東京 その2

投稿者セコナールプレイ回数111お気に入り1
楽曲情報 東京  ケツメイシ  作詞吉田 大蔵  作曲田中 亮
難易度(2.5) 525打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 ケツメイシ 東京
ケツメイシ 東京 その2
ケツメイシの隠れた名曲 東京
※このタイピングは「東京」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(そこにはゆめがあふれて)

そこには夢があふれて

(いまだみぬちゃんすかくれてる)

未だ見ぬチャンス隠れてる

(なんてはなしがちがうねじっさい)

なんて話が違うね実際

(やりなおせるならもういっかい)

やり直せるならもう一回

(このとかいすごくつめたくてはやい)

この都会すごく冷たくて速い

(まわりからみるとふれたくてあまい)

周りから見ると触れたくて甘い

(いずれじまんさせてあげるから)

いずれ自慢させてあげるから

(いったぼくがすべてをなげだしてしまう)

言った僕が全てを投げ出してしまう

(わかれぎわあのひのみなのかおも)

別れ際あの日の皆の顔も

(なみだすらでないもはやかこの)

涙すら出ないもはや過去の

(あるひなにかがこぼれて)

ある日何かがこぼれて

(ゆうわくにおぼれもうもどれね)

誘惑に溺れもう戻れね

(ゆめやぶれあすへあぶれてる)

夢破れ明日へあぶれてる

(そんなやつらでここはあふれてる)

そんな奴らでここは溢れてる

(これだけのひとがいるのにこどく)

これだけの人がいるのに孤独

(ぼくのさけびはどこにとどく)

僕の叫びは何処に届く

(なまえをよぶきみのこえがいまもむねにのこる)

名前を呼ぶ君の声が今も胸に残る

(とうきょうのまちにすんでどれだけなれてきたって)

東京の街に住んでどれだけ慣れてきたって

(いまもきみをおもいだす)

今も君を思い出す

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!