小説 夏と罰 (下)

投稿者makky-marineプレイ回数129お気に入り1
楽曲情報 小説夏と罰(下)  傘村 トータ  作詞傘村 トータ  作曲傘村 トータ
難易度(3.0) 914打 歌詞 かな 長文モード可タグ傘村トータ ボカロ曲 小説夏と罰 猫村いろは
作詞:作曲:編曲:傘村トータ 唄:猫村いろは
僕が喉裂けるほど泣いても
絵:ogi-

関連作:小説 夏と罰 (上)
※このタイピングは「小説夏と罰(下)」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(うだるようななつがからだをしんしょくしていく)

うだるような夏が身体を侵食していく

(きみをさらったきせつがまいもどってくる)

君を攫った季節が舞い戻ってくる

(そらはいろこくおきざりにされたぼくだけが)

空は彩濃く置き去りにされた僕だけが

(このせかいでかぜにゆれてそこにあった)

この世界で風に揺れてそこに在った

(きみののみのこしのようなじんせいを)

君の飲み残しのような人生を

(せおっていきつづけるぼくのみにもなれ)

背負って生き続ける僕の身にもなれ

(きみがあきらめてしまったせかいで)

君が諦めてしまった世界で

(いちもんにもならないざんげをつづけている)

一文にもならない懺悔を続けている

(ぼくがてをはなしたあのいっしゅんをきみは)

僕が手を離したあの一瞬を君は

(ぼくにいっしょうこうかいさせるきなんだね)

僕に一生後悔させる気なんだね

(おもいでなどなんのいみもなさない)

思い出など何の意味もなさない

(きみののろいのようなねがおのまえでは)

君の呪いのような寝顔の前では

(かみもほとけもすくいはもたらさずえいえんにさばかれない)

神も仏も救いはもたらさず永遠に裁かれない

(ぼくはまぶたすらとじられぬ)

僕は瞼すら閉じられぬ

(なにもかんじないこころであるのに)

何も感じない心であるのに

(やけつくようないたみだけのこるのはなぜ)

焼け付くような痛みだけ残るのは何故

(ぼくになぐさめのきかいなどあたえず)

僕に慰めの機会など与えず

(きみはただなつをばつとしてきざんでいった)

君はただ夏を罰として刻んでいった

(まつりのあまいりんごのようなほおにてはとどかぬ)

祭りの甘い林檎のような頬に手は届かぬ

(このさきいちどとして)

この先一度として

(それがふゆであったならば)

それが冬であったならば

(こおったこえにあきらめもつくだろうか)

凍った声に諦めもつくだろうか

(ぼくがてをはなしたあのいっしゅんをきみは)

僕が手を離したあの一瞬を君は

(ぼくにいっしょうこうかいさせるきだとしても)

僕に一生後悔させる気だとしても

(それがほんもうであるとうけいれてしまえば)

それが本望であると受け入れてしまえば

(きみはにどとぼくのもとへかえってこない)

君は二度と僕の元へ帰ってこない

(きみがすきだとぼくがのどさけるほどないても)

君が好きだと僕が喉裂けるほど泣いても

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!