風 嵐

投稿者@ゆうプレイ回数000
楽曲情報 風  嵐  作詞SPIN  作曲多田 慎也
難易度(2.2) 1161打 歌詞 かな 長文モード可タグジャニーズ 歌詞 あらし かぜ
※このタイピングは「風」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(だきあいながらはまべでねころんだ)

抱き合いながら 浜辺で寝ころんだ

(くもひとつないそらがなんかさびしくて)

雲ひとつ無い空が なんか寂しくて

(そうきっと)

そう きっと

(みじかいなつをぼくらはかけぬけた)

短い夏を 僕らは駆け抜けた

(ひやけのいろはいつかきえてせつないね)

日焼けの色は いつか消えて切ないね

(いまをわすれそう)

今を 忘れそう

(じぶんをうつしてゆうひをみてた)

自分を映して 夕陽を見てた

(ありがとうって)

ありがとうって

(てれないでもまっすぐいえるように)

照れないでも 真っ直ぐ言えるように

(なにもかもすてていまをもういちど)

何もかも捨てて 今をもう一度

(じかんをとめて)

時間を止めて

(えがいたりそう)

描いた理想

(ねがいはじょそうだってしんじたら)

願いは助走だって 信じたら

(はばたけるよ)

羽ばたけるよ

(またいつかここであつまって)

またいつか ここで集まって

(はなすときには)

話すときには

(じぶんのかぜたびしたひびのあしあとを)

自分の風 旅した日々の足跡を

(なみがつつんでくよ)

波が包んでくよ

(すいへいせんにはゆめがうかんでいた)

水平線には 夢が浮かんでいた

(いきるいみごまかして)

生きる意味 ごまかして

(みてるなんてせつないねえいえんに)

見てるなんて 切ないね 永遠に

(ころがるかなわないゆめがきょうも)

ころがる 叶わない夢が今日も

(ほしになってく)

星になってく

(はてないうみをやさしくてらしてゆく)

果てない海を 優しく照らしてゆく

(ただこんなきもちのままなつがゆく)

ただ こんな気持ちのまま 夏がゆく

(じしんないけど)

自信ないけど

(おもいはそらちかいはくもだってかんじたら)

想いは空 誓いは雲だって 感じたら

(とびたてるよ)

飛び立てるよ

(またいつかここであつまって)

また いつか ここで集まって

(はなすときには)

話すときには

(きょうのかぜうちゅうのちいさないっしゅんを)

今日の風 宇宙の小さな一瞬を

(なみがつつんでくよ)

波が包んでくよ

(みじかいなつがおわろうとしている)

短い夏が 終わろうとしている

(ぼくはただうみべだけをみている)

僕はただ 海辺だけを見ている

(いまはこうしてあおがみちている)

いまはこうして 碧が満ちている

(そらはいまもぼくたちをみている)

空は現在(いま)も 僕たちを見ている

(そうまたあつまって)

そう また集まって

(なやんでいたってかたってわらって)

悩んでいたって 語って笑って

(かざっていたじぶんてらしだす)

飾っていた 自分 照らし出す

(またあのひのゆうひてらしだす)

また あの日の夕日 照らし出す

(はにかむひびをつつんでく)

はにかむ日々を 包んでく

(かぜがぼくをつつんでる)

風が僕を包んでる

(なにもかもすてていまをもういちど)

何もかも捨てて 今をもう一度

(じかんをとめて)

時間を止めて

(えがいたりそう)

描いた理想

(ねがいはじょそうだってしんじたら)

願いは助走だって 信じたら

(はばたけるよ)

羽ばたけるよ

(またいつかここであつまって)

またいつか ここで集まって

(はなすときには)

話すときには

(じぶんのかぜたびしたひびのあしあとを)

自分の風 旅した日々の足跡を

(なみがつつんでくよ)

波が包んでくよ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

@ゆうのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971