DRIPPING INSANITY

投稿者きょこプレイ回数44
楽曲情報 DRIPPING INSANITY  the GazettE  作詞RUKI  作曲THE GAZETTE
難易度(3.1) 660打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 V系 the GazettE バンド ガゼット
※このタイピングは「DRIPPING INSANITY」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(しずけさにしたたるきょうきにあかくぬれたこどくがわらう)

静けさに滴る狂気に 赤く濡れた孤独が笑う

(ねむりをわすれあすもみえないにごっため)

眠りを忘れ明日も見えない濁った目

(みなもをおよぐりそうじじつにおぼれしずむ)

水面を泳ぐ理想事実に溺れ沈む

(かなしげにどこをみているの?)

悲しげにどこを見ているの?

(あなたにとどかない)

あなたに届かない

(ひとつずつさいたおもいでしろいかべにあかく)

一つずつ裂いた思い出 白い壁に赤く

(ながれてゆくあなたのたいおんまばたたきをわすれみつめていた)

流れてゆくあなたの体温 瞬きを忘れ見つめていた

(かすかにのこるそうしつかんまよいなどなかった)

微かに残る喪失感 迷いなど無かった

(わすれてしまいそうたえたいたみもなみだも)

忘れてしまいそう 堪えた痛みも涙も

(かなしげになぜぼくをみるの?)

悲しげに何故僕を見るの?

(あなたにてをのばしひとつずつさいたおもいで)

あなたに手を伸ばし 一つずつ裂いた思い出

(あてもなくながれてく)

宛もなく流れてく

(こころをきかせて)

心を聞かせて

(ぼくはひとりだったと)

僕は一人だったと

(うそでもいいから)

嘘でもいいから

(なにもみようとしなかったよわきぼくへのだいしょう)

何も見ようとしなかった弱気僕への代償

(すりよせるほおがつめたくてといきもさがせない)

すり寄せる頬が冷たくて 吐息も探せない

(さびしさになれてたはずなのになぜなみだあふれる?)

寂しさに慣れてたはずなのに 何故 涙溢れる?

(ひとつずつきえてくおもいでほほえむぼくはいない)

一つずつ消えてく思い出 微笑む僕は居ない

(このままあなたとぼくはこどく)

このままあなたと僕は孤独

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!