あの夏の記憶だけ

投稿者kuuプレイ回数74
楽曲情報 あの夏の記憶だけ  Guiano  作詞GUIANO  作曲GUIANO
難易度(3.1) 769打 歌詞 かな 長文モード可タグguiano 歌詞 音楽
guianoさんのあの夏の記憶だけです。
あの夏の記憶だけ。
※このタイピングは「あの夏の記憶だけ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あのひからなにかがかわっていくんだ)

あの日から何かが変わっていくんだ

(なつのきおんこころのおくきみのすかーとのながさ)

夏の気温、心の奥、君のスカートの長さ

(そのすべてにいまがある)

その全てに今がある

(だからぼくはきおくをおしつけはしないよ)

だから僕は記憶を押し付けはしないよ

(ただすこしだけさびしいのさかわることが)

ただ少しだけ寂しいのさ変わることが

(なつのきおくがぼくのむねにかぜとともにやってくる)

夏の記憶が僕の胸に風と共にやってくる

(かわらないねなんてこうかいをひとつつれて)

「変わらないね」なんて後悔をひとつ連れて

(なきそうになってながめたくもはあのころのようにすわっていた)

泣きそうになって眺めた雲はあの頃のように座っていた

(ただただただ)

ただ ただ ただ

(あのひからなにかがかわっていくんだ)

あの日から何かが変わっていくんだ

(なつのおわりなみだのかずくものながれるはやさ)

夏の終わり、涙の数、雲の流れる速さ

(おとなたちにいわれたばかなことばのいみがいまならわかるよ)

大人達に言われた馬鹿な言葉の意味が今なら分かるよ

(ただすこしだけこわかったんだかわることが)

ただ少しだけ怖かったんだ 変わることが

(なつのきおくがぼくのむねにかぜとともにやってくる)

夏の記憶が僕の胸に風と共にやってくる

(かわらないねなんてこうかいをひとつつれて)

「変わらないね」なんて後悔を一つ連れて

(なきそうになってすがったあのなつのきおくがそらをまっていた)

泣きそうになって縋ったあの夏の記憶が空を舞っていた

(ひらひらひら)

ひら ひら ひら

(なつのきおくがぼくのむねにかぜとともにやってくる)

夏の記憶が僕の胸に風と共にやってくる

(かわらないねなんてこうかいをひとつつれて)

「変わらないね」なんて後悔を一つ連れて

(なきそうになってながめたくもはあのころとおなじようにいた)

泣きそうになって眺めた雲はあの頃と同じようにいた

(ただただただ)

ただ ただ ただ

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!