カフネ

投稿者かんみプレイ回数61
楽曲情報 カフネ  Absolute area  作詞山口 諒也  作曲山口 諒也
難易度(2.4) 1310打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 アブソ バンド カフネ
Absolute areaさんの「カフネ」です。
「」は省略しています。
数字は、数字ではなくひらがなで入力してください

例)1人=ひとり
  
※このタイピングは「カフネ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きえてくゆめのざんがいに)

消えてく夢の残骸に

(きえないいつかのざんぞうに)

消えないいつかの残像に

(えらんだきのうのはんたいに)

選んだ昨日の反対に

(えがいたみらいはばくぜんに)

描いた未来は漠然に

(あきらめるようにすごしていた)

諦めるように過ごしていた

(それでもまえにすすまなくちゃ)

それでも前に進まなくちゃ

(ばれないうそはほんとうに)

バレない嘘は本当に

(かわってやがてはえいえんに)

変わってやがては永遠に

(かわすやくそくはあいまいに)

交わす約束は曖昧に

(こころのいたみはどんかんに)

心の痛みは鈍感に

(うたがうことすらわすれていた)

疑う事すら忘れていた

(そのほうがずっとらくだった)

その方がずっと楽だった

(こうやってぼくらは)

こうやって僕らは

(すこしずつおとなになってくんだな)

少しずつ大人になってくんだな

(べつにいいんだ)

別にいいんだ

(きみみたいにささいなことできずついたり)

君みたいに些細な事で傷ついたり

(できるひとをみてるとはらがたつんだ)

できる人を見てると腹が立つんだ

(もういいからほっといてよ)

もういいからほっといてよ

(これいじょうぼくのなかはいりこまないでよ)

これ以上僕の中入り込まないでよ

(ほんとにひとりでいたいから)

ほんとに1人でいたいから

(まっすぐなそのひとみで)

真っ直ぐなその瞳で

(みつめられるとなにかみすかされているようで)

見つめられると何か見透かされているようで

(めをそらしたくなるよ)

目を逸らしたくなるよ

(ほんとうはもっとせんさいで)

本当はもっと繊細で

(ひとなつっこくてじゅんすいで)

人懐っこくて純粋で

(つよがりでふさぎこんでしまう)

強がりで塞ぎ込んでしまう

(そのうそすらいとしかった)

その嘘すら愛しかった

(いつしかたがいにみてみぬふりで)

いつしか互いに見て見ぬ振りで

(からまわりばかりくりかえす)

空回りばかり繰り返す

(ねぇきっとぼくらは)

ねぇきっと僕らは

(すこしずつどこかがにているんだよ)

少しずつどこかが似ているんだよ

(だからいやだよ)

だから嫌だよ

(きみのぶんのいたみをせおうよゆうなどない)

「君の分の痛みを背負う余裕などない」

(といいきってみても)

と言い切ってみても

(むねがいたいよ)

胸が痛いよ

(もういいからなかないでよ)

もういいから 泣かないでよ

(きみのことちゃんとあいしてくれるひとは)

君のことちゃんと愛してくれる人は

(きっといるからぼくではないんだよ)

きっといるから 僕ではないんだよ

(まっすぐなそのひとみのなかにひそむほんねが)

真っ直ぐなその瞳の中に潜む本音が

(ぼくをがんじがらめにするから)

僕をがんじがらめにするから

(もうておくれなのかもね)

もう手遅れなのかもね

(きみのかみにそっとゆびをとおしたそのしゅんかんに)

君の髪にそっと指を通したその瞬間に

(いろんなことにまひしていた)

いろんなことに麻痺していた

(ぼくをほどくまほうにふれてしまった)

僕を解く魔法に触れてしまった

(もういいからほっといてよ)

もういいからほっといてよ

(これいじょうぼくのなかはいりこまないでよ)

これ以上僕の中入り込まないでよ

(ほんとうにひとりでいたいから)

ほんとうに1人でいたいから

(まっすぐなそのひとみで)

真っ直ぐなその瞳で

(のぞきこむきみはぼくのことを)

覗き込む君は僕の事を

(うたがっちゃいないから)

疑っちゃいないから

(しんじてくれるかな)

信じてくれるかな

(ならぼくもきみのことをしんじてみるから)

なら僕も君の事を信じてみるから

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!