夏音

投稿者そるプレイ回数339
楽曲情報 夏音  優里  作詞優里  作曲優里
難易度(2.4) 853打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 優里 夏音
夏音/優里
記号、スペースは抜いています。
※このタイピングは「夏音」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ゆうり 3624 D+ 3.9 91.6% 211.6 844 77 34 2021/12/07

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なつがおわるおとがする)

夏が終わる音がする

(ずっとそばにいたいとおもった)

ずっと傍に居たいと思った

(とおくうちあがったはなび)

遠く打ちあがった花火

(きもちにかさなってはじけたんだ)

気持ちに重なって弾けたんだ

(だんぼーるがまだちらかるこのへや)

段ボールがまだ散らかるこの部屋

(きみときょうからあるいていく)

君と今日から歩いて行く

(しゅみがちがったりすききらいがあったり)

趣味が違ったり、好き嫌いがあったり

(しるほどにさうれしくなるんだ)

知るほどにさ 嬉しくなるんだ

(たいくつをもてあまして)

退屈を持て余して

(くすぐったりせなかをよせたり)

くすぐったり 背中を寄せたり

(なにもなくてもかまわないさ)

何もなくても構わないさ

(ただきみがそこにいるなら)

ただ君がそこに居るなら

(なつがおわるおとがする)

夏が終わる音がする

(ずっとそばにいたいとおもった)

ずっと傍に居たいと思った

(とおくうちあがったはなび)

遠く打ちあがった花火

(きもちにかさなってはじけたんだ)

気持ちに重なって 弾けたんだ

(ひとつひとつとおぼえていくよ)

ひとつひとつと覚えていくよ

(なにをわらいなにをおこるのか)

何を笑い 何を怒るのか

(いろとりどりのはなたば)

色とりどりの花束

(かくしていたぷれぜんとはなぜ)

隠していたプレゼントは何故

(ばれていたのらしいねってさ)

バレていたの らしいねってさ

(こんなじかんがつづいたら)

こんな時間が続いたら

(なつがおわるおとがする)

夏が終わる音がする

(ずっとそばにいたいとおもった)

ずっと傍に居たいと思った

(とおくうちあがったはなび)

遠く打ちあがった花火

(きもちにかさなってはじけたんだ)

気持ちに重なって 弾けたんだ

(はなびのおとにかきけされてしまわぬように)

花火の音に掻き消されてしまわぬように

(だきよせておたがいのしんおんをきこう)

抱き寄せてお互いの心音を聞こう

(いきをはいてきみのめをみつめながらきすをした)

息を吐いて君の眼を見つめながらキスをした

(もうなにもいらない)

もう何もいらない

(なつがぼくらをかけてく)

夏が僕らを駆けてく

(ずっとそばにいたいとおもった)

ずっと傍に居たいと思った

(とおくかんじたこいはなび)

遠く感じた恋花火

(ふたりのこのへやではじまってく)

二人のこの部屋で始まってく