ゲララ〜奴隷の子とメデューサの娘

投稿者まっちゃプレイ回数231
楽曲情報 ゲララ〜奴隷の子とメデューサの娘  作詞暗黒童話P  作曲暗黒童話P
難易度(2.5) 1827打 歌詞 かな 長文モード可タグVOCALOID ボカロ 鏡音リン じょるじん
じょるじんさんのゲララです。
誤字脱字があれば報告を下さい。
※このタイピングは「ゲララ〜奴隷の子とメデューサの娘」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 jeannema 3139 E++ 3.3 93.5% 543.0 1832 127 68 2021/10/09

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(どれいとしてうまれたものは)

奴隷として生まれたものは

(どれいでしょうがいをおえる)

奴隷で生涯を終える

(しょうねんそろんもれいがいなく)

少年ソロンも例外なく

(そのふじょうりにあらがえず)

その不条理に抗えず

(そろんをすくったそのおとこ)

ソロンを救ったその男

(くにいちばんのちょうこくし)

国一番の彫刻師

(おおくのでしをかかえる)

多くの弟子を抱える

(かみにあいされたまほうのて)

神に愛された魔法の手

(ひぎょうのひょうじょうじつぶつのごとし)

非業の表情実物の如し

(しんじつにせまる)

真実に迫る

(きんにくりゅうせんきんとうせい)

筋肉流線均等性

(すべてげいのいきをこえ)

全て芸の域を超え

(なんにんたりともそうさくすがたあかさぬきさい)

何人たりとも創作姿あかさぬ奇才

(ひともくにもあがめたてまつれ)

人も国も崇め奉れ

(ほうこうしてからすうかげつ)

奉公してから数ヶ月

(けんしんてきなはたらきが)

献身的な働きが

(みとめられこくとうもたされる)

認められ刻刀持たされる

(ほりしのみらいがひらかれる)

彫り師の未来が開かれる

(わざはみがかれあにでしぎるどにも)

技は磨かれ兄弟子ギルドにも

(みとめられるなかで)

認められる中で

(あきらかになったしのわざのたくみ)

明らかになった師の技の匠

(とどくきがしない)

届く気がしない

(いちどでいい)

1度でいい

(そのそうさくのさまをこのめでみてみたい)

その創作の様をこの目で見てみたい

(おきてやぶり)

掟破り

(ちかのあとりえへ)

地下のアトリエへ

(しょうねんそろんがみたものしのひみつ)

少年ソロンが見たもの師の秘密

(しばられたしょうじょはだれ)

縛られた少女はだれ?

(ものがたりのなかだけのはずじゃ)

物語の中だけのはずじゃ!?

(そのめがとらえたすべてはいしとなる)

その目が捉えた全ては石となる

(これがかみのみわざ)

これが神の御業

(いにしえのしゅぞく)

古の種族

(めでゅーさのむすめ)

メデューサの娘!?

(みたことないわがしのかお)

見たことのない我が師の顔

(げどうみんなだまされてた)

外道みんな騙されてた

(おとをたてたみつかった)

音を立てた見つかった

(いしきうすれくらやみのなか)

意識薄れ暗闇の中

(ころされることはなかったが)

殺されることはなかったが

(あしかせつけられもとのもくあみ)

足枷付けられ元の木阿弥

(あなたもつかまってしまったの)

「貴方も捕まってしまったの?」

(ふいにことばをかけられた)

不意に言葉を掛けられた

(なまえはぱるだというむすめ)

名前はパルだという娘

(いちぞくはははとじぶんだけに)

一族は母と自分だけに

(けれどもははのくびはとられ)

けれども母の首は採られ

(えいゆうとたたえるものによって)

英雄と讃える者によって

(くったくなくはなすそのすがたはにんげんのごとく)

屈託なく話すその姿は人間の如く

(ははをうしないひとりひっそりとくらしていたのに)

母を失いひとりひっそりと暮らしていたのに

(とつぜんへいおんうばわれてしまうかいごろしのひび)

突然平穏奪われてしまう飼い殺しの日々

(このめちからはねをむしるように)

この目力羽根をむしる様に

(しょうねんそろんのあらたなやくわりは)

少年ソロンの新たな役割は

(しのそうさくこまづかい)

師の「創作」小間使い

(つよいいたみあたえるちからをきょうせいはつどう)

強い痛み与える力を強制発動

(しょうじょはそろんをけっしてせめなかった)

少女はソロンを決して責めなかった

(はじめてのともだちだとわるいのはじだいといちぶのあくにん)

初めての友達だと悪いのは時代と1部の悪人

(このままでいいのだろうか)

このままでいいのだろうか

(つよくつよくあこがれてたいまだゆうきふりしぼって)

強く強く憧れてたいまだ勇気振り絞って

(こんなちゃんすにどとないぞ)

こんなチャンス二度とないぞ

(しょうねんそろんとしょうじょぱるのだっそう)

少年ソロンと少女パルの脱出

(よるがあけひかりがさす)

夜が明け光が差す

(ふたりにはしばるものがなくなった)

2人には縛るものがなくなった。

(よろこびあふれせかいはかがやいていた)

喜び溢れ世界は輝いていた

(なにもないふたりだけどこれからはともにあるいていこ)

何もない二人だけどこれからは共に歩いていこ

(しょうねんそろんはずっとあこがれていた)

少年ソロンは「ずっと憧れていた」

(おうきゅうからみるけしき)

王宮から見る景色

(いまたしかにつかめるしんぐをてにした)

今確かに掴める「神具」を手にした

(ここにありますはたいへんめずらしい)

ここにありますは大変珍しい

(じんちをこえたなまものですけんじょうします)

人智超えた生物です献上します

(とくとおめにかけください)

とくとお目にかけください

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!