幻灯花

投稿者あおプレイ回数169
楽曲情報 幻灯花  作詞TINY PLANETS  作曲ZUN
難易度(4.5) 2626打 歌詞 長文モード推奨タグ魂音泉 アリレム 東方
※このタイピングは「幻灯花」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 やみ 5516 S 5.8 94.8% 448.8 2619 143 49 2021/12/02
2 TK 5324 S 6.0 88.7% 431.4 2630 333 49 2021/12/30
3 あお 3977 A 4.2 94.2% 613.9 2602 160 49 2021/12/17
4 ラーメン替え玉 2409 C 2.5 93.7% 1011.4 2610 173 49 2022/01/13

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ふきぬけるかぜのむこうがわとうにわすれたけしきがおーばーらっぷ)

吹き抜ける風の向こう側 とうに忘れた景色がオーバーラップ

(ほっておいてくれほっておいてくれってなんかいたのんでも)

放っておいてくれ 放っておいてくれって何回 頼んでも

(どうかさきほこりますようにだけどかれてきたらすとしーん)

どうか咲き誇りますように だけど枯れてきたラストシーン

(いつまでもまってくれたきみにみずをやれなかった)

いつまでも待ってくれたキミに水をやれなかった

(きがついたらいなくなってくれるかとおもえばあまいかおりでさそいだして)

気が付いたら いなくなってくれるかと思えば 甘い香りで誘い出して

(とげのかずはますばかりなのにきずつくたびにきざみつけたりまたこうかい)

棘の数は増すばかりなのに傷付く度に刻み付けたり また後悔

(もうどうしようもないなそうやってただひがくれるまでかたりかけるほんとうのことば)

もうどうしようもないな そうやってただ日が暮れるまで語り掛ける本当の言葉

(きたみちもどればくさきがわらいしたむけばこもりうたにならない)

来た道戻れば草木が嗤い 下向けば籠り歌にならない

(むだにたかいぷらいどでせきばらいわだいはだいたいたわいもないぷらんで)

無駄に高いプライドで咳払い 話題は大体他愛もないプランで

(あしばならふあんていくずれおちるしゅんかんにかんねん)

足場なら不安定 崩れ落ちる瞬間に観念

(なんでってといかたすかすからしんてんなししらねえよのいってんばり)

なんでって問い 肩透かすから進展無し 知らねえよの一点張り

(げんじょうはどうだかけはしがないとわたれないとわがままだらけ)

現状はどうだ 架け橋が無いと渡れないと我儘だらけ

(けっきょくはそうかとびこえたものにわくかんじょうはどうやらくろく)

結局はそうか 飛び越えたものに沸く感情はどうやら黒く

(それはやがてもうまくにやきついておくびょうのねもあしにまきついて)

それはやがて網膜に焼き付いて 臆病の根も足に巻き付いて

(きみがどんないろでさいていたのかもわすれる)

キミがどんな色で咲いていたのかも忘れる

(ゆめでおわらぬたびのさだめはみなもにうかぶはなびらのごとく)

夢で終わらぬ旅の定めは 水面に浮かぶ花弁の如く

(いつだってただえがいてやぶりすてたのだろうさかないはなだとかくすように)

いつだって ただ描いて破り棄てたのだろう 咲かない花だと隠すように

(むねでこがれたあのうつくしさすべてまぼろしとめをふせてた)

胸で焦がれたあの美しさ 全て幻と目を伏せてた

(もうはいになってもはいになってもはいになってもかまわないから)

もう灰になっても 灰になっても 灰になっても構わないから

(そのはなのなをかざろう)

その花の名を飾ろう

(げんじょうまだしんぼうそのかわりたりぬあといっぽまかれたたねのせいちょう)

現状 まだ辛抱 その代わり足りぬあと一歩 撒かれた種の成長

(さくばしょはどこだろう)

咲く場所はどこだろう

(あすふぁるとわらわれるざっそうだがだれよりもみたされたひょうじょう)

アスファルト 笑われる雑草 だが誰よりも満たされた表情

(きいてくれみちばたのなもしらぬものふたしたってにえたぎってかもしだすほんのうが)

聞いてくれ 道端の名も知らぬ者 蓋したって煮え滾って醸し出す本能が

(とうとうのどもとからぼうそうしほんしょうさらけだしてせいぎょできぬかもしらぬじょうきょう)

とうとう喉元から暴走し本性曝け出して 制御出来ぬかも知らぬ状況

(いっときのざいさんでじんせいをきめるか?へどがでるくらいの「やめとけ」ってことば)

一時の財産で人生を決めるか? 反吐が出るくらいの「やめとけ」って言葉

(しったことかまったまだまったそればっかだったころ)

知ったことか 待った まだ待った そればっかだった頃

(だからいつのまにかこぼれおちてったばっくぱっかー)

だからいつの間にか零れ落ちてったバックパッカー

(じかんがたったせいかみつのようなげきやくきょうきじみたせいかくでたくらんだけいかく)

時間が経ったせいか蜜のような劇薬 狂気染みた性格で企んだ計画

(かだんのなかでさいたすばらしきしゅうだんもそこにたったしゅんかんにじぶんだけがしんでた)

花壇の中で咲いた素晴らしき集団も そこに立った瞬間に自分だけが死んでた

(きじょうのゆうけんしゃりかいできぬくーでたーなげることばぜんぶさしもどされてぶーめらん)

机上の有権者 理解できぬクーデター 投げる言葉全部差し戻されてブーメラン

(どうやらぎせいがなけりゃかくごすらもできなかったようだ)

どうやら犠牲が無けりゃ覚悟すらも出来なかったようだ

(ゆめでおわらぬたびのさだめはみなもにうかぶはなびらのごとく)

夢で終わらぬ旅の定めは 水面に浮かぶ花弁の如く

(いつだってただえがいてやぶりすてたのだろうさかないはなだとかくすように)

いつだって ただ描いて 破り棄てたのだろう 咲かない花だと隠すように

(むねでこがれたあのうつくしさすべてまぼろしとめをふせてた)

胸で焦がれたあの美しさ 全て幻と目を伏せてた

(もうはいになってもはいになってもはいになってもかまわないから)

もう灰になっても 灰になっても 灰になっても構わないから

(そのはなのなをかざろう)

その花の名を飾ろう

(ゆらりゆらりゆれるながれさだまらぬさまをおもむきだとなみのしぐさにまとわれて)

ゆらりゆらり揺れる流れ 定まらぬ様を趣だと 波の仕草に纏われて

(ゆうがにまうそれだけでいい)

優雅に舞う それだけで良い

(ゆめでおわらぬたびのさだめはみなもにうかぶはなびらのごとく)

夢で終わらぬ旅の定めは 水面に浮かぶ花弁の如く

(いつだってただえがいてやぶりすてたのだろうさかないはなだとかくすように)

いつだって ただ描いて 破り棄てたのだろう 咲かない花だと隠すように

(むねでこがれたあのうつくしさすべてまぼろしとめをふせてた)

胸で焦がれたあの美しさ 全て幻と目を伏せてた

(もうはいになってもはいになってもはいになってもかまわないから)

もう灰になっても 灰になっても 灰になっても構わないから

(そのはなのなをかざろう)

その花の名を飾ろう

(ゆめでおわらぬたびのさだめはみなもにうかぶはなびらのごとく)

夢で終わらぬ旅の定めは 水面に浮かぶ花弁の如く

(いつだってただえがいてやぶりすてたのだろうさかないはなだとかくすように)

いつだって ただ描いて 破り棄てたのだろう 咲かない花だと隠すように

(むねでこがれたあのうつくしさすべてまぼろしとめをふせてた)

胸で焦がれたあの美しさ 全て幻と目を伏せてた

(もうはいになってもはいになってもはいになってもかまわないから)

もう灰になっても 灰になっても 灰になっても構わないから

(そのはなのなをかざろう)

その花の名を飾ろう

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

あおのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971