源氏物語 蛍3-5「内大臣、娘たちを思う」

投稿者みみプレイ回数81
難易度(4.4) 1356打 長文
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 みみ 5907 A+ 6.2 94.8% 217.0 1356 74 26 2022/05/03

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(うちのおとどは、みこどもはらばらいとおほかるに、そのおひいでたるおぼえ、)

内の大臣は、御子ども腹々いと多かるに、その生ひ出でたるおぼえ、

(ひとがらにしたがひつつ、こころにまかせたるやうなるおぼえ、おんいきほひにて、)

人柄に従ひつつ、心にまかせたるやうなるおぼえ、御勢にて、

(みななしたてたまふ。をんなはあまたもおはせぬを、にょうごも、)

皆なし立てたまふ。女はあまたもおはせぬを、女御も、

(かくおぼししことのとどこほりたまひ、ひめぎみも、)

かく思ししことのとどこほりたまひ、姫君も、

(かくことたがふさまにてものしたまへば、いとくちをしとおぼす。)

かくこと違ふさまにてものしたまへば、いと口惜しと思す。

(かのなでしこをわすれたまはず、もののをりにもかたりいでたまひしことなれば、)

かの撫子を忘れたまはず、ものの折にも語り出でたまひしことなれば、

(「いかになりにけむ。ものはかなかりけるおやのこころにひかれて、)

「いかになりにけむ。ものはかなかりける親の心に引かれて、

(らうたげなりしひとを、ゆくへしらずなりにたること。)

らうたげなりし人を、行方知らずなりにたること。

(すべてをんなごといはむものなむ、いかにもいかにもめはなつまじかりける。)

すべて女子といはむものなむ、いかにもいかにも目放つまじかりける。

(さかしらにわがこといひて、あやしきさまにてはふれやすらむ。)

さかしらにわが子と言ひて、あやしきさまにてはふれやすらむ。

(とてもかくても、きこえいでこば」と、あはれにおぼしわたる。)

とてもかくても、聞こえ出で来ば」と、あはれに思しわたる。

(きんだちにも、「もし、さやうなるなのりするひとあらば、みみとどめよ。)

君達にも、「もし、さやうなる名のりする人あらば、耳とどめよ。

(こころのすさびにまかせて、さるまじきこともおほかりしなかに、これは、)

心のすさびにまかせて、さるまじきことも多かりしなかに、これは、

(いとしか、おしなべてのきはにもおもはざりしひとの、)

いとしか、おしなべての際にも思はざりし人の、

(はかなきものうむじをして、かくすくなかりけるもののくさはひひとつを、)

はかなきもの倦むじをして、かく少なかりけるもののくさはひ一つを、

(うしなひたることのくちをしきこと」)

失ひたることの口惜しきこと」

(と、つねにのたまひいづ。なかごろなどはさしもあらず、)

と、常にのたまひ出づ。中ごろなどはさしもあらず、

(うちわすれたまひけるを、ひとの、さまざまにつけて、)

うち忘れたまひけるを、人の、さまざまにつけて、

(をんなごかしづきたまへるたぐひどもに、わがおぼほすにしもかなはぬが、)

女子かしづきたまへるたぐひどもに、わが思ほすにしもかなはぬが、

(いとこころうく、ほいなくおぼすなりけり。)

いと心憂く、本意なく思すなりけり。

など

(ゆめみたまひて、いとよくあはするものめして、あはせたまひけるに、)

夢見たまひて、いとよく合はする者召して、合はせたまひけるに、

(「もし、としごろみこころにしられたまはぬみこを、ひとのものになして、)

「もし、年ごろ御心に知られたまはぬ御子を、人のものになして、

(きこしめしいづることや」ときこえたりければ、)

聞こしめし出づることや」と聞こえたりければ、

(「をんなごのひとのこになることは、をさをさなしかし。)

「女子の人の子になることは、をさをさなしかし。

(いかなることにかあらむ」)

いかなることにかあらむ」

(など、このころぞ、おぼしのたまふべかめる。)

など、このころぞ、思しのたまふべかめる。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!

みみのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード