ラウジーカ

背景
投稿者投稿者柘榴いいね1お気に入り登録
プレイ回数185難易度(3.4) 920打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 ラウジーカ  SAIB  作詞SAIB  作曲SAIB
ミクの「ラウジーカ」の歌詞打ちです
※このタイピングは「ラウジーカ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ふれたゆびのさきもうわすれたはずのそれがそこにねむってた)

触れた指の先 もう忘れたはずのソレがそこに眠ってた

(どどどどどどどうやら)

どどどどどどどうやら

(きのうにじはんごろきんざるにいだかれあるくきみをみたせいらしいらしい)

昨日二時半頃金猿に抱かれ 歩く君を見たせいらしい らしい

(さいごのちゃいむでぱっぱららっぱらら)

最後のチャイムで ぱっぱららっぱらら

(あのひにすべてわすれたはずがこころからはがせない)

あの日に全て忘れたはずが 心から剥がせない

(あのひあいがかたちなしてうまれたみっつのふきでもの)

あの日愛が形なして 生まれた三つの吹き出物

(きづかぬうちにふくらんでまっくろなうさぎになった)

気づかぬうちに膨らんで 真っ黒なウサギになった

(いつのまにかぼくのたりないあたまもきえちゃって)

いつの間にか僕の 足りない頭も消えちゃって

(きづけばこのうさぎにあやつられていた)

気づけばこのウサギに操られていた

(としょしつがいばしょそんなところもぼくとにているとかんじてた)

図書室が居場所 そんなところも僕と似ていると感じてた

(まどがわひだりななめおくのせきにすわるきみはとてもとおく)

窓側左斜め奥の席に座る君はとても遠く

(はなしかけることすらできずいた)

話しかけることすらできずいた

(ああときはすぎきみはあかぬけてしらないかげにかこまれきえた)

ああ 時は過ぎ君はアカ抜けて 知らない影に囲まれ 消えた

(うさぎがないた)

ウサギが泣いた

(そのきれいなくろかみにひにひにあかがまざりだして)

その綺麗な黒髪に 日に日に赤が混ざり出して

(ぼくはくろいとしょしつであいのおわりをかんじていた)

僕は黒い図書室で 愛の終わりを感じていた

(ゆびさきまでくろのぼくにあかがまざることは)

指先まで黒の 僕に赤が混ざることは

(どんなにさけんだってもうにどとないの)

どんなに叫んだって もう二度とないの

(あかにそまったぼくのせをみおろすぼくはわらっていた)

赤に染まった僕の背を 見下ろす僕は笑っていた

(さよならいとしきひとよそのひからこのかすみたつ)

さよなら 愛しき人よ その日からこの霞立つ

(まちにふわふわりとさまよいつづけてはやさんねん)

街にふわふわりと さまよい続けて早三年

(きみはしらぬだれかとにじをえがいてるころだろう)

君は知らぬ誰かと 虹を描いてる頃だろう

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、無関係な宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞は投稿しないでください!

柘榴のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971