君の知らない物語/supercell

投稿者New Typeプレイ回数789
楽曲情報 君の知らない物語  supercell  作詞RYO  作曲RYO
難易度(2.1) 1043打 歌詞 かな 長文モード可タグsupercell 音楽 歌詞 タイピング アーティスト
※このタイピングは「君の知らない物語」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いつもどおりのあるひのこと)

いつもどおりのある日の事

(きみはとつぜんたちあがりいった)

君は突然立ち上がり言った

(こんやほしをみにいこう)

「今夜星を見に行こう」

(たまにはいいこというんだね)

「たまには良い事言うんだね」

(なんてみんなしていってわらった)

なんてみんなして言って笑った

(あかりもないみちを)

明かりも無い道を

(ばかみたいにはしゃいであるいた)

バカみたいにはしゃいで歩いた

(かかえこんだこどくやふあんに)

抱え込んだ孤独や不安に

(おしつぶされないように)

押しつぶされないように

(まっくらなせかいからみあげた)

真っ暗な世界から見上げた

(よぞらはほしがふるようで)

夜空は星が降るようで

(いつからだろきみのことを)

いつからだろ 君の事を

(おいかけるわたしがいた)

追いかける私がいた

(どうかおねがい)

どうかお願い

(おどろかないできいてよ)

驚かないで聞いてよ

(わたしのこのおもいを)

私のこの想いを

(あれがでねぶ あるたいる べが)

「あれがデネブ、アルタイル、ベガ」

(きみはゆびさすなつのだいさんかく)

君は指さす夏の大三角

(おぼえてそらをみる)

覚えて空を見る

(やっとみつけたおりひめさま)

やっと見つけた織姫様

(だけどどこだろうひこぼしさま)

だけどどこだろう彦星様

(これじゃひとりぼっち)

これじゃひとりぼっち

(たのしげなひとつとなりのきみ)

楽しげなひとつ隣の君

(わたしはなにもいえなくて)

私は何も言えなくて

(ほんとうはずっときみのことを)

本当はずっと君の事を

(どこかでわかっていた)

どこかでわかっていた

(みつかったって)

見つかったって

(とどきはしない)

届きはしない

(だめだよなかないで)

だめだよ 泣かないで

(そういいきかせた)

そう言い聞かせた

(つよがるわたしはおくびょうで)

強がる私は臆病で

(きょうみがないようなふりをしてた)

興味がないようなふりをしてた

(だけど)

だけど

(むねをさすいたみはましてく)

胸を刺す痛みは増してく

(ああそうかすきになるって)

ああそうか 好きになるって

(こういうことなんだね)

こういう事なんだね

(どうしたい?いってごらん)

どうしたい?言ってごらん

(こころのこえがする)

心の声がする

(きみのとなりがいい)

君の隣がいい

(しんじつはざんこくだ)

真実は残酷だ

(いわなかった)

言わなかった

(いえなかった)

言えなかった

(にどともどれない)

二度と戻れない

(あのなつのひ)

あの夏の日

(きらめくほし)

きらめく星

(いまでもおもいだせるよ)

今でも思い出せるよ

(わらったかおも)

笑った顔も

(おこったかおも)

怒った顔も

(だいすきでした)

大好きでした

(おかしいよね)

おかしいよね

(わかってたのに)

わかってたのに

(きみのしらない)

君の知らない

(わたしだけのひみつ)

私だけの秘密

(よるをこえて)

夜を越えて

(とおいおもいでのきみが)

遠い思い出の君が

(ゆびをさす)

指を差す

(むじゃきなこえで)

無邪気な声で

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!