泥棒と警備員

投稿者翠音-mion-プレイ回数633
楽曲情報 泥棒と警備員  作詞くるりんご  作曲くるりんご
難易度(3.6) 1701打 歌詞 かな 長文モード可タグボカロ 歌詞 初音ミク GUMI くるりんご
泥棒と警備員 初音ミク・GUMI くるりんご
初音ミク・GUMIの楽曲「泥棒と警備員」の歌詞打です
※このタイピングは「泥棒と警備員」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

  • ヴァンパイア

    ヴァンパイア

    プレイ回数62281
    歌詞かな638打
  • グッバイ宣言/ flower

    グッバイ宣言/ flower

    グッパイ宣言!一番のみなのですぐ終わります!

    プレイ回数41397
    歌詞456打
  • シル・ヴ・プレジデント

    シル・ヴ・プレジデント

    P丸様。1stフルアルバム『Sunny!!』収録曲です

    プレイ回数22792
    歌詞1313打
  • 命に嫌われている。

    命に嫌われている。

    カンザキさんの「命に嫌われている。」です。

    プレイ回数281914
    歌詞1812打
  • シャルル

    シャルル

    愛を 謳って。

    プレイ回数591251
    歌詞かな1065打
  •  KING

    KING

    KanariaさんのKINGの歌詞タイピングです。

    プレイ回数73033
    歌詞819打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(とあるにちようのひるさがりはいきょとかしたきょうかいで)

とある日曜の昼下がり 廃墟と化した教会で

(かくれんぼしているあいだにかみさまはきえた)

かくれんぼしている間に 神様は消えた

(うまれながらにみぶんのひくいぼくはいきていくために)

生まれながらに身分の低い僕は 生きていく為に

(いきのつまるどくさいこっかととくのもときかんじゅうもった)

息の詰まる独裁国家 都督の下機関銃持った

(うってうばっててにいれたものはほうしゅうだけ)

撃って奪って手に入れたものは報酬だけ

(かわりにこころはすりへっていくなくしたもののほうがおおいじゃあないか)

代わりにこころは磨り減っていく、無くしたものの方が多いじゃあないか

(うってみすえてけってこわしたじんたいじっけん)

撃って見据えて 蹴って壊した 人体実験

(つみほろぼしのつもりだかひきとってめんどうをみてたけど)

罪滅ぼしのつもりだか 引き取って面倒を見てたけど

(じゃんけんまけておにをこうむったかくれんぼ)

じゃんけん負けて 鬼を被った かくれんぼ

(これじゃせけんてきぼくのたちいちがあぶないんだよねぇ)

これじゃ世間的僕の立ち位置が危ないんだよねぇ

(きれたきれたかちかんがきれたいつわられたせいぎにほことたて)

切れた切れた価値観が切れた 偽られた正義に矛と盾

(ひどくすんだそのふたつめでげせんなぼくをみておくれ)

ひどく澄んだそのふたつ目で 下賎な僕を見ておくれ

(ようへいをやめてどくさいこっかからのりだつをけっした)

傭兵をやめて独裁国家からの離脱を決した

(しんりゃくしてぶんとったものをかえすためはしりまわった)

侵略して分捕ったものを返す為走り廻った

(おおがまもったととくのてごまのぼうれいが)

大鎌持った都督の手駒の亡霊が

(ぼくのはいごでくつくつとわらいそんなことしてもむだだとささやいた)

僕の背後でクツクツと笑い、「そんな事しても無駄だ」と囁いた

(すってはられてばらまかれたしめいてはい)

刷って貼られて 散蒔かれた 指名手配

(おわれぬようにとおさないころからのばしたかみもきりおとしたけど)

追われぬようにと幼い頃から伸ばした髪も切り落としたけど

(じゃんけんかっておにをかいひしたかくれんぼ)

じゃんけん勝って 鬼を回避した かくれんぼ

(ぼくといればきみたちのたちいちがあぶないんだよねぇ)

僕と居れば君達の立ち位置が危ないんだよねぇ

(にげたにげたかげからにげたうしなわれたしんようにひとあぶら)

逃げた逃げた影から逃げた 失われた信用に火と油

(ひどくよどんだぼくのふたつめはよるのまちをみおろした)

非道く淀んだ僕のふたつ目は 夜の街を見下ろした

(ときはながれてきったかみももとのながさのびきって)

時は流れて切った髪ももとの長さ伸びきって

(あのこたちはそれぞれどこかでしあわせにくらしてるかな)

あの子達はそれぞれ何処かで幸せに暮らしてるかな

(なんてかんしょうにひたるぼくのあしにかかるあかせんさー)

なんて感傷に浸る僕の足にかかる赤センサー

(ふりかえったときにはもうおそかった)

振り返ったときにはもう遅かった

(はぜたはぜたなにかがはぜたふきとばされまどわれがけっぷち)

爆ぜた爆ぜた何かが爆ぜた 吹き飛ばされ窓割れ崖っ縁

(かつりかつりとひびくあしおとがくらやみからぼくへとちかづいた)

カツリカツリと響く足音が 暗闇から僕へと近づいた

(おちたおちたそこまでおちたかんかくうすれてゆくひだりうで)

堕ちた堕ちた底まで堕ちた 感覚薄れてゆく左腕

(とおいとおいあのころがなぜかそうまとうのごとくよみがえった)

遠い遠いあの頃が何故か 走馬灯の如くよみがえった

(おいでよめありーつないでじぇしかあとひとりどうしておもいだせない)

おいでよメアリー、繋いでジェシカ あと一人どうして思い出せない

(だれよりもきれいなめでまっすぐまえだけみてた)

誰よりも綺麗な瞳で真っ直ぐ前だけ見てた

(もういーよいいよじゅうぶんだありがとう)

もういーよ、いいよ、十分だ、ありがとう

(ああぼくのじんせいはここでおわった)

ああ泥棒の人生はここで終わった

(みつけたよながいかくれんぼだったねつぎはおいてかないでねてをかして)

見つけたよ、長いかくれんぼだったね 次は置いてかないでね、手を貸して

(さあちにあしのついたかみさまをひきあげるんだ)

さあ 地に足の着いた神様を 引き上げるんだ

(ちにあしのついたかみさまをひきあげるんだ)

地に足の着いた神様を 引き上げるんだ

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。