出づる月、招宴の唄 歌詞タイピング

背景
投稿者投稿者紫の紫陽花いいね0お気に入り登録1
プレイ回数54難易度(2.3) 943打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 出づる月、招宴の唄  歌仙兼定(CV:石川界人)/燭台切光忠(CV:佐藤拓也)/鶴丸国永(CV:斉藤壮馬)/三日月宗近(CV:鳥海浩輔)  作詞ミズノゲンキ  作曲稲毛 謙介
刀剣乱舞の出づる月、招宴の唄の歌詞タイピング

出づる月、招宴の唄
歌 歌仙兼定、燭台切光忠、鶴丸国永、三日月宗近
※このタイピングは「出づる月、招宴の唄」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 なまえ 6331 A 6.5 96.9% 148.0 967 30 41 2024/04/24

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あめがしたたたずむほしはあてどなく)

天が下 佇む星は 当て所なく

(うたかたのりょしゅうのはてにきゆ)

うたかたの旅愁の果てに 消ゆ

(ようこそおいでさあはじめよう)

ようこそおいで さあ始めよう

(おどろきがはじけてはねる)

驚きが 弾けて跳ねる

(かぜもかんげいしてすきにじゆうにそらへ)

風も歓迎して 好きに自由に空へ

(ふるまおうどうぞ)

振舞おう どうぞ

(すてきなうたげにしょうたいを)

素敵な宴に招待を

(さいじょうきゅうのおもてなし)

最上級のおもてなし

(いやしとこうようをいっしょに)

癒しと高揚を一緒に

(むねいっぱいにわらおうか)

胸いっぱいに笑おうか

(おいしいりょうりとふうりゅうに)

美味しい料理と風流に

(したつづみをぱっとならして)

舌鼓をぱっと鳴らして

(ゆかいさあふれるように)

 愉快さ溢れるように

(こよいはうたえやみなのしゅう)

今宵は 歌えや皆の衆

(つかれたならいやしを)

疲れたなら癒しを

(きずついたならていれを)

傷ついたなら手入を

(やくとうにつかるのもここちがよいだろう)

薬湯に浸かるのも  心地が良いだろう

(みやげばなしをさあもちより)

土産話を  さあ持ち寄り

(あきるまでかたりあかそう)

飽きるまで  語り明かそう

(すぎていくいっしゅんを)

過ぎていく一瞬を

(かわるきせつたちを)

変わる季節たちを

(たのしもうもっと)

楽しもう もっと

(みやびなまつりにしょうたいを)

雅な祭に招待を

(ぶれいこうもわるくない)

無礼講も悪くない

(あかりをともしてじゅんばんに)

明かりを灯して順番に

(おてをはいしゃくたたいたら)

お手を拝借 叩いたら

(やさしいねいろとえんそうに)

優しい音色と演奏に

(しんおんさえちょっとすませて)

心音さえちょっと澄ませて

(うれしさかんじるように)

嬉しさ感じるように

(こよいはおどれやみなのしゅう)

今宵は 踊れや 皆の衆

(よもすがらかすみゆくああ)

夜もすがら霞ゆく 嗚呼

(うつせみのよにみえるものおわるさきで)

空蝉の 世に見えるもの 終わる先で

(つきにいのるあしたをかなでようきっと)

月に祈る明日を 奏でよう きっと

(すてきなうたげにしょうたいを)

素敵な宴に招待を

(さいじょうきゅうのおもてなし)

最上級のおもてなし

(いやしとこうようをいっしょに)

癒しと高揚を一緒に

(むねいっぱいにわらおうか)

胸いっぱいに笑おうか

(おいしいりょうりとふうりゅうに)

美味しい料理と風流に

(したつづみをぱっとならして)

舌鼓をぱっと鳴らして

(ゆかいさあふれるように)

愉快さ溢れるように

(こよいはうたえやみなのしゅう)

今宵は歌えや皆の衆

紫の紫陽花のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971