タイニーバニー

背景
投稿者投稿者いいね0お気に入り登録
プレイ回数64難易度(2.1) 1122打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 タイニーバニー  作詞youまん  作曲youまん
タイニーバニーの歌詞タイピングです
何か問題等ありましたら教えてください。

以下本家URL
https://youtu.be/ACCQTOVEKt0?si=XKlJ7-WOFR6BQirO
※このタイピングは「タイニーバニー」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(せいくらべうりふたつの)

背比べ 瓜二つの

(よくにたおちこぼれ)

良く似た落ち零れ

(たてにならんで)

縦に並んで

(たちもとおっていた)

立ち徘徊っていた

(いっすんのゆきさきさえ)

一寸の行先さえ

(はかれぬやみのそこ)

測れぬ闇の底

(おとをたよって)

音を頼って

(みちをたぐっていた)

道を手繰っていた

(きみはいつしか)

君は何時しか

(ばりやきょげんのおくにひそむ)

罵詈や虚言の奥に潜む

(れんびんさえもくみあげて)

憐憫さえも汲み上げて

(まにうけたこころは)

真に受けた心は

(そそうになってしまっていた)

粗鬆に成って仕舞っていた

(ふぎやきょしょくのおくにのぞく)

不義や虚飾の奥に覗く

(えんめいばかりつみあげて)

延命ばかり積み上げて

(なにもないみらいに)

何も無い未来に

(どうしてぼくはすがっていた)

如何して僕は縋っていた?

(すこしだけまえにいつもまえにいた)

少しだけ前に、何時も前に居た

(きみのあしあとがいまはとだえてみあたらない)

君の足跡が 今は途絶えて見当たらない

(ただひとつだけこえにだせなかったまま)

唯一つだけ声に出せなかった儘

(むねにつかえていたいわがとなえたあやまちにきづいた)

胸に閊えていた 違和が唱えた過ちに気付いた

(まえならえいまひとつの)

前倣え 今一つの

(よくあるおちこぼれ)

良く在る落ち零れ

(れいにならって)

例に倣って

(たちもとおっていた)

立ち徘徊っていた

(いっすんのゆきさきさえ)

一寸の行先さえ

(はかれぬでくのぼう)

図れぬ木偶の坊

(なにをたよって)

何を頼って

(みちをたぐっていた)

道を手繰っていた?

(わからなくなった)

分からなくなった

(すがるあいからかずしれず)

縋る愛から数知れず

(ふりやまないもんきつ)

降り止まない問詰

(みみざわり)

耳 障 り

(ひつじょうかくごはさけられない)

必定、覚悟は避けられない

(かめじゃいられない)

亀じゃ居られない

(いきはきょごうのおくにきえて)

偉器は倨傲の奥に消えて

(へんりんさえもきえうせて)

片鱗さえも消え失せて

(まのぬけたあなたは)

間の抜けた貴方は

(そそうになってしまっていた)

粗鬆に成って仕舞っていた

(ふぎやきょしょくのおくにのぞく)

不義や虚飾の奥に覗く

(えんめいばかりつみあげて)

延命ばかり積み上げて

(なにもないみらいに)

何も無い未来に

(どうしてぼくは)

如何して僕は

(すがってしまった)

縋って仕舞った?

(すこしだけまえにいつもまえにいた)

少しだけ前に、何時も前に居た

(きみのあしおとがいまだとらえておさまらない)

君の足音が 未だ捉えて収まらない

(ただひとつだけたいにげせなかったまま)

唯一つだけ他異に 解せなかった儘

(むねをしめつけた)

胸を締め付けた

(いわがとなえたあやまちは)

違和が唱えた過ちは

(もうただせない)

もう正せない

(まちがったまま)

間違った儘

(くるしいままに)

苦しい儘に

(いくしかない)

行くしかない

(すこしでもまえにいまはまえにいたい)

少しでも前に、今は前に居たい

(すこしでもまえにすすみたい)

少しでも前に進みたい

(かつてのきみのように)

嘗テノ君ノ様ニ

ツのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表 アプリケーションの使い方 よくある質問

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971