あっという間の少女

投稿者あおやぎプレイ回数00
楽曲情報 あっという間の少女  SKE48  作詞秋元 康  作曲吉富 小百合
難易度(1.7) 710打 歌詞 かな 長文モード可タグSKE48 あっという間の少女 公演頑張った組
あっという間の少女の歌詞です
素敵な歌詞なのでぜひプレイしてみてください
※このタイピングは「あっという間の少女」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かぜがきのえだをゆらし)

風が木の枝を揺らし

(かれはたちがまいはじめたら)

枯葉たちが舞い始めたら

(まちはかーでぃがんをきるように)

街はカーディガンを着るように

(ふゆがしずかにちかづいてくる)

冬が静かに近づいて来る

(ばすのていりゅうじょで)

バスの停留所で

(きみをまっていても)

君を待っていても

(しずむゆうひが)

沈む夕日が

(はやくなってきて)

早くなって来て

(せつないよ)

切ないよ

(あっというまにしょうじょは)

あっという間に少女は

(おとなびて)

大人びて

(すこしうすぐらいみち)

少し薄暗い道

(はしってくる)

走ってくる

(ずっとたばねたそのかみ)

ずっと束ねたその髪

(ほどいてたから)

ほどいてたから

(きのうとちがう)

昨日と違う

(みたことない)

見たことない

(おーらだった)

オーラだった

(ふゆのせいふくときもちは)

冬の制服と気持ちは

(どこできがえればいいのだろう)

どこで着替えればいいのだろう

(ころもがえなんてさきだけど)

衣替えなんて先だけど

(じめんからそう)

地面からそう

(ひえてくるよ)

冷えてくるよ

(ばすのてーるらんぷを)

バスのテールランプを

(ぼくはやりすごして)

僕はやり過ごして

(ぶかつがえりの)

部活帰りの

(きみをまっていた)

君を待っていた

(あいたくて)

会いたくて…

(あっというまにしょうじょは)

あっという間に少女は

(うつくしく)

美しく

(ふたりどうきゅうせいと)

2人同級生と

(おもえないよ)

思えないよ

(おなじちゅうがくのころには)

同じ中学の頃には

(みんなのように)

みんなのように

(じょうだんいって)

冗談言って

(ごくふつうのきみだったのに)

ごく普通の君だったのに…

(あっというまにしょうじょは)

あっという間に少女は

(かがやいて)

輝いて

(いまのかえりみちでは)

今の帰り道では

(まぶしすぎる)

眩しすぎる

(ぼくのこえもきこえない)

僕の声も聴こえない

(とおいばしょへと)

遠い場所へと

(きみはひとりで)

君は1人で

(おとなのくに)

大人の国

(いってしまうの)

行ってしまうの?

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。