Chururi

背景
投稿者投稿者デンぢゃらすいいね0お気に入り登録
プレイ回数44難易度(2.7) 819打 歌詞 かな 長文モード可
楽曲情報 Chururi  ゆず  作詞北川悠仁  作曲北川悠仁
ゆず Chururi
作詞 北川悠仁
作曲 北川悠仁・トオミヨウ
編曲 トオミヨウ・ゆず
収録アルバム 『Chururi』『図鑑』
※このタイピングは「Chururi」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ああああああああ 4121 C 4.7 87.8% 170.1 814 113 28 2024/07/01

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(なれてきたこのまちにもあたらしいくらしにも)

慣れてきたこの街にも 新しい暮らしにも

(れとりばーはきょうもゆりあんで)

レトリバーは今日も「ゆりあん」で

(えきまえのこんびにはなぜかごったがえしてる)

駅前のコンビニは なぜかごった返してる

(みんなあれこれいそぎあし)

みんなあれこれ急ぎ足

(とおいすくろーるえきしょうにうつしだす)

遠いスクロール 液晶に映し出す

(いやふぉんごしわらいあうこえたち)

イヤフォン越し 笑い合う声達

(あいするまちから)

愛する街から

(きみをおもいだしたらあいたいむねがあいたい)

君を想い出したら 会いたい 胸が「あ、痛い」

(あふれだすめろでぃー)

溢れ出すメロディー

(くちずさむうた)

口ずさむ唄

(かぜのごせんふにのっていまをえがいてゆく)

風の五線譜に乗って “今”を描いてゆく

(ぼんやりとながめてたうごきだすまどごし)

ぼんやりと眺めてた 動き出す窓越し

(ばすていではしゃいでるまるでいつかのぼくら)

バス停ではしゃいでる まるでいつかの僕ら

(えがいていたしなりおとげんじつのすとーりー)

描いていたシナリオと 現実のストーリー

(まぁこれはこれわるくないさ)

「まぁ、これはこれ」悪くないさ

(とうにわすれてたなにげないやりとりを)

とうに忘れてた 何気ないやり取りを

(ふいにみかえすおくれなかっためっせーじ)

不意に見返す 送れなかった本音(メッセージ)

(まちからきこえる)

街から聴こえる

(なつかしいひとにばったりとおもったらあらたなであいも)

懐かしい人にばったりと思ったら 新たな出会いも

(またねてをふる)

またね手をふる

(きざむすてっぷがくらしをかなでる)

刻む足音(ステップ)が 暮らしを奏でる

(あいするまちから)

愛する街から

(きみをおもいだしたらあいたいむねがあいたい)

君を思い出したら 会いたい 胸が「あ、痛い」

(あふれだすめろでぃー)

溢れ出すメロディー

(くちずさむうた)

口ずさむ歌

(うかぶいめーじをつかむわすれないこのときを)

浮かぶイメージを掴む 忘れないこのときを

(ぶつかってかさなってつみあげてくめくるめくはーもにー)

ぶつかって重なって 積み上げてくめくるめくハーモニー

(かぜのごせんふにのってきみをおもいながらあすへはこんでゆく)

風の五線譜に乗って 君を想いながら明日へ運んでゆく