悪ノ娘

スポンサーリンク
投稿者翠音-mion- プレイ回数820 順位8318位
楽曲情報 悪ノ娘  MOTHY  作詞MOTHY_悪ノP  作曲MOTHY_悪ノP
悪ノ娘 鏡音リン mothy
鏡音リンの楽曲「悪ノ娘」の歌詞打です
※このタイピングは「悪ノ娘」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

シャルル

シャルル

愛を 謳って。

プレイ回数137621
(1.4) 歌詞かな
歌詞タイピング

歌詞タイピング

はじめまして(´・ω・`)

プレイ回数10151
(1.5) かな
速打

速打

パソコンを始めたばかりの人にオススメ

プレイ回数26879
(1.9) かな
命に嫌われている。

命に嫌われている。

カンザキさんの「命に嫌われている。」です。

プレイ回数39490
(3.0) 歌詞
ロキ

ロキ

死ぬんじゃねえぞ お互いにな!

プレイ回数26151
(3.2) 歌詞
ボーカロイドタイピング

ボーカロイドタイピング

ボーカロイドの曲名のタイピングです

プレイ回数500511
(2.8)

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(むかしむかしあるところにあくぎゃくひどうのおうこくの)

むかしむかしあるところに 悪逆非道の王国の

(ちょうてんにくんりんするはよわいじゅうよんのおうじょさま)

頂点に君臨するは 齢十四の王女様

(けんらんごうかなちょうどひんかおのよくにためしつかい)

絢爛豪華な調度品 顔のよく似た召使

(あいばのなまえはじょせふぃーぬすべてがすべてかのじょのもの)

愛馬の名前はジョセフィーヌ 全てが全て彼女のもの

(おかねがたりなくなったならぐみんどもからしぼりとれ)

お金が足りなくなったなら 愚民どもから搾りとれ

(わたしにさからうものたちはしゅくせいしてしまえ)

私に逆らう者たちは 粛清してしまえ

(さあひざまずきなさい)

「さあ、ひざまずきなさい!」

(あくのはなかれんにさくあざやかないろどりで)

悪の華可憐に咲く 鮮やかな彩りで

(まわりのあわれなざっそうはああようぶんとなりくちていく)

周りの哀れな雑草は 嗚呼 養分となり朽ちていく

(ぼうくんおうじょがこいするはうみのむこうのあおいひと)

暴君王女が恋するは 海の向こうの青い人

(だけどもかれはりんごくのみどりのおんなにひとめぼれ)

だけども彼は隣国の 緑の女にひとめぼれ

(しっとにくるったおうじょさまあるひだいじんをよびだして)

嫉妬に狂った王女様 ある日大臣を呼び出して

(しずかなこえでいいましたみどりのくにをほろぼしなさい)

静かな声で言いました 「緑の国を滅ぼしなさい」

(いくたのいえがやきはらわれいくたのいのちがきえていく)

幾多の家が焼き払われ 幾多の命が消えていく

(くるしむひとびとのなげきはおうじょにはとどかない)

苦しむ人々の嘆きは 王女には届かない

(あらおやつのじかんだわ)

「あら、おやつの時間だわ」

(あくのはなかれんにさくくるおしいいろどりで)

悪の華可憐に咲く 狂おしい彩りで

(とてもうつくしいはななのにああとげがおおすぎてさわれない)

とても美しい花なのに 嗚呼 棘が多すぎて触れない

(あくのおうじょをたおすべくついにひとびとはたちあがる)

悪の王女を倒すべく ついに人々は立ち上がる

(うごうのかれらをひきいるはあかきよろいのおんなけんし)

烏合の彼らを率いるは 赤き鎧の女剣士

(つもりにつもったそのいかりくにぜんたいをつつみこんだ)

つもりにつもったその怒り 国全体を包み込んだ

(ながねんのいくさでつかれたへいしたちなどてきではない)

長年の戦で疲れた 兵士たちなど敵ではない

(ついにおうきゅうはかこまれてかしんたちもにげだした)

ついに王宮は囲まれて 家臣たちも逃げ出した

(かわいくかれんなおうじょさまついにとらえられた)

可愛く可憐な王女様 ついに捕らえられた

(このぶれいもの)

「この 無礼者!」

(あくのはなかれんにさくかなしげないろどりで)

悪の華可憐に咲く 悲しげな彩りで

(かのじょのためのらくえんはああもろくもはかなくくずれてく)

彼女のための楽園は 嗚呼 もろくもはかなく崩れてく

(むかしむかしあるところにあくぎゃくひどうのおうこくの)

むかしむかしあるところに 悪逆非道の王国の

(ちょうてんにくんりんしてたよわいじゅうよんのおうじょさま)

頂点に君臨してた 齢十四の王女様

(しょけいのじかんはごごさんじきょうかいのかねがなるじかん)

処刑の時間は午後三時 教会の鐘が鳴る時間

(おうじょとよばれたそのひとはひとりろうやでなにをおもう)

王女と呼ばれたその人は 一人牢屋で何を思う

(ついにそのときはやってきておわりをつげるかねがなる)

ついにその時はやってきて 終わりを告げる鐘が鳴る

(みんしゅうなどにはめもくれずかのじょはこういった)

民衆などには目もくれず ―彼女―はこういった

(あらおやつのじかんだわ)

「あら、おやつの時間だわ」

(あくのはなかれんにちるあざやかないろどりで)

悪の華可憐に散る 鮮やかな彩りで

(のちのひとびとはこうかたるああかのじょはまさにあくのむすめ)

のちの人々はこう語る 嗚呼 彼女は正に悪ノ娘

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。