Passing Bell

投稿者バラブシュカ プレイ回数69
楽曲情報 PASSING BELL  小山 卓治  作詞小山 卓治  作曲小山 卓治
※このタイピングは「PASSING BELL」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

紅蓮華

紅蓮華

鬼滅の刃のOP曲です!

プレイ回数105102
歌詞かな1038打
絶対にできるようになる タイピング

絶対にできるようになる タイピング

本当にできるようになります(事実)

プレイ回数180251
かな30秒
米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数738169
歌詞かな1119打
Pretender

Pretender

Official髭男dism/Pretender

プレイ回数110483
歌詞1330打
パプリカ

パプリカ

Foorin/パプリカ

プレイ回数102899
歌詞かな769打
白日

白日

King Gnu/白日

プレイ回数61115
歌詞かな1598打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ゆうかんのかたすみなつかしいあいつのかおじゃしん)

夕刊の片隅 懐かしいあいつの顔写真

(そのばんでんわのべるがいつもよりしずかになった)

その晩 電話のベルが いつもより静かに鳴った

(おれたちはばっぐにくろいすーつをつめこみ)

俺たちは バッグに黒いスーツを詰め込み

(それぞれのまちからあいつのねむるまちへいそぐ)

それぞれの町から あいつの眠る町へ急ぐ

(でぃらんをくちずさみながらむしあついよるをだいて)

ディランを口ずさみながら 蒸し暑い夜を抱いて

(にがいあくしゅとえがおむかしとおんなじじょーく)

苦い握手と笑顔 昔と同じジョーク

(てーぶるのまわりでおれたちはおもいおもいのかたちのぐらすに)

テーブルの回りで 俺たちは 思い思いの形のグラスに

(いっぽんのしゃんぺんをついだのさ)

一本のシャンペンを注いだのさ

(このまちにはてきとそしてぎせいしゃしかいない)

この町には 敵と そして 犠牲者しかいない

(ここからさいごまでにげだせなかったおとこ)

ここから最後まで逃げ出せなかった男

(じゅうさんかいのおふぃすしごとがおわったそのあしで)

十三階のオフィス 仕事が終わったその足で

(ろうかのだすとしゅーとにあたまからとびこんだらしい)

廊下のダストシュートに 頭から飛び込んだらしい

(あいつはいつもいってたおれはくずみたいなおとこだ)

あいつはいつも言ってた 「俺はクズみたいな男だ」

(よわねさえはけなかったまけいぬにかんぱい)

弱音さえ吐けなかった 負け犬に乾杯

(てーぶるのまわりでおれたちはおもいおもいのかたちのぐらすに)

テーブルの回りで 俺たちは 思い思いの形のグラスに

(いっぽんのしゃんぺんをついだのさ)

一本のシャンペンを注いだのさ

(このまちをさいしょにとびだしたのはあたしだった)

この町を 最初に飛び出したのは あたしだった

(ひっとちゃーとをのぼってかがやくえがおをてにいれた)

ヒットチャートを昇って 輝く笑顔を手に入れた

(しるくはっとにこいしてみんながかたをすくめたとき)

シルクハットに恋して みんなが肩をすくめた時

(あたしをてらすのはまあるいすぽっとらいとだけ)

あたしを照らすのは 丸いスポットライトだけ

(あのきょくおぼえてるでしょういんとろはぴあのとヴぁいおりん)

あの曲 覚えてるでしょう? イントロはピアノとヴァイオリン

(さあうたうわあたしはくしゅをちょうだい)

さあ 歌うわあたし 拍手を頂戴

(てーぶるのまわりでおれたちはおもいおもいのかたちのぐらすに)

テーブルの回りで 俺たちは 思い思いの形のグラスに

(いっぽんのしゃんぺんをついだのさ)

一本のシャンペンを注いだのさ

(むかしからみんなにやさしいおとことよばれてた)

昔から みんなに 優しい男と呼ばれてた

(うたがうこともしらずにあのこといっしょになったんだ)

疑うことも知らずに あの娘と一緒になったんだ

(このはるにうまれたこどもにあいつのなをつけた)

この春に生まれた 子どもに あいつの名をつけた

(ありふれたくらしのどこがわるいんだい)

ありふれた暮らしの どこが悪いんだい?

(こんなめにあうくらいならしにいそいだやつがりこうだ)

こんな目に遭うくらいなら 死に急いだ奴が利口だ

(むすこのたましいのためにぐらすをあげてくれ)

息子の魂のために グラスを挙げてくれ

(てーぶるのまわりでおれたちはおもいおもいのかたちのぐらすに)

テーブルの回りで 俺たちは 思い思いの形のグラスに

(いっぽんのしゃんぺんをついだのさ)

一本のシャンペンを注いだのさ

(みのうえばなしなどおれにはかんけいないことだ)

身の上話など 俺には関係ないことだ

(ながれものにだってたのしむけんりはあるさ)

流れ者にだって 楽しむ権利はあるさ

(みっつめのなまえであたらしいしごとをはじめた)

三つ目の名前で 新しい仕事を始めた

(いまではあのまちのかおやくにおさまった)

今では あの町の 顔役に収まった

(しこたまもうけたかねでみんなにさけをおごれる)

しこたま儲けた金で みんなに酒を奢れる

(だけどこんやはじめてなけてくるのはなぜだ)

だけど 今夜 初めて泣けてくるのは何故だ?

(てーぶるのまわりでおれたちはおもいおもいのかたちのぐらすに)

テーブルの回りで 俺たちは 思い思いの形のグラスに

(いっぽんのしゃんぺんをついだのさ)

一本のシャンペンを注いだのさ

(とけいはいつまでもおそすぎるよるをさしている)

時計は いつまでも 遅すぎる夜を指している

(わかさなんてぼうにふるものおれたちのくちぐせだった)

「若さなんて棒に振るもの」 俺たちの口癖だった

(あめのよるのためにのこしておいたかなしみを)

雨の夜のために残しておいた悲しみを

(てーぶるにならべておれたちはしずかにわらう)

テーブルに並べて 俺たちは静かに笑う

(らじおはちょうしっぱずれふるさとのうたをうたってる)

ラジオは調子っぱずれ 故郷の歌をうたってる

(そとはどしゃぶりのあめださあもういっぱいやろう)

外は土砂降りの雨だ さあ もう一杯やろう

(てーぶるのまわりでおれたちはおもいおもいのかたちのぐらすに)

テーブルの回りで 俺たちは 思い思いの形のグラスに

(いっぽんのしゃんぺんをついだのさ)

一本のシャンペンを注いだのさ

(てーぶるのまわりでおれたちはおもいおもいのかたちのぐらすに)

テーブルの回りで 俺たちは 思い思いの形のグラスに

(いっぽんのしゃんぺんをついだのさ)

一本のシャンペンを注いだのさ

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

バラブシュカのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971