正確さを極めたい人へ

投稿者白猫プレイ回数62807  順位628位  お気に入り2
難易度(4.5) 1320打 長文
正確さを極めたい人のためのタイピングテスト
表示される長文を、できるだけ正確にタイプしてください。正誤率100%を目指して頑張ってください。

順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 ほりょじ 7005 S 7.2 96.4% 175.3 1275 47 18 2020/10/11
2 やぁヽ(´ー`) 6905 S 7.2 96.0% 183.2 1320 55 18 2020/09/12
3 パピヨン 6892 S 7.0 98.0% 181.5 1276 25 18 2020/09/15
4 モダン 6701 S 6.9 96.5% 183.4 1274 45 18 2020/09/02
5 Loza_ 6530 S 6.8 95.9% 191.1 1303 55 18 2020/09/18

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(にんげんは、たがいにいしそつうをするためのしゅだんとして、「ことば」をもちいる。ことばは、)

人間は、互いに意思疎通をするための手段として、「言葉」を用いる。言葉は、

(にんげんがこうどなひょうげんをするために、どくじにうみだしたもので、ほかのせいぶつには)

人間が高度な表現をするために、独自に生み出したもので、他の生物には

(みられないものである。いぬやねこのなきごえも、いしそつうをはかるものではあるが、)

みられないものである。犬や猫の鳴き声も、意思疎通を図るものではあるが、

(そのようなほうほうでは、おおまかなかんじょうをつたえることしかできず、たがいのこころを)

そのような方法では、おおまかな感情を伝えることしかできず、互いの心を

(かよいあわせることはこんなんである。まさに、ことばは、「にんげんがうみだしたさいたる)

通い合わせることは困難である。まさに、言葉は、「人間が生み出した最たる

(ぶんか」といってもかごんではない。では、ことばはどのようにしてけいせいされてきた)

文化」といっても過言ではない。では、言葉はどのようにして形成されてきた

(のだろうか。これにかんしては、げんざいおおきくいけんがにぶんかされる。あるせんもんかは、)

のだろうか。これに関しては、現在大きく意見が二分化される。ある専門家は、

(「ことばとは、にんげんがいしそつうをはかるために、このよにそんざいするすべてのものを)

「言葉とは、人間が意思疎通を図るために、この世に存在する全てのものを

(ぶんるいするためにうみだされた。」という。いっぽうで、「ことばはにんげんがこのよにしゅつげん)

分類するために生み出された。」という。一方で、「言葉は人間がこの世に出現

(するはるかむかしからそんざいしていて、それをにんげんがいしそつうのしゅだんとしてつかっている)

する遥か昔から存在していて、それを人間が意思疎通の手段として使っている

(だけにすぎない。」といういけんもある。ぜんしゃは、「ことばをうみだしたのはにんげん)

だけに過ぎない。」という意見もある。前者は、「言葉を生み出したのは人間

(である。」というかいしゃくで、このようにかんがえると、ぜんじゅつした、「ことばとはにんげんの)

である。」という解釈で、このように考えると、前述した、「言葉とは人間の

(さいたるぶんかだ。」というかんがえがあてはまることになる。また、こうしゃは、)

最たる文化だ。」という考えが当てはまることになる。また、後者は、

(「ことばは、にんげんのぶんかにはかんしょうしておらず、どくりつしていぜんからそんざいしていた。」)

「言葉は、人間の文化には干渉しておらず、独立して以前から存在していた。」

(というかいしゃくで、りょうしゃのいけんのめいかくなちがいは、「ことばがどのようにうみだされた)

という解釈で、両者の意見の明確な違いは、「言葉がどのように生み出された

(のか。」というてんである。ことばとは、このようにげんざいでもそのれきしがなぞに)

のか。」という点である。言葉とは、このように現在でもその歴史が謎に

(つつまれているふめいかくなそんざいで、どうじに、にんげんのはってんというめんにおいては)

包まれている不明確な存在で、同時に、人間の発展という面においては

(かかせないいしそつうのしゅだんなのである。)

欠かせない意思疎通の手段なのである。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。