Black Board

投稿者39プレイ回数0000
楽曲情報 BLACK BOARD  ナノ  作詞PAPIYON  作曲PAPIYON
難易度(3.8) 997打 歌詞 かな 長文モード可タグ蝶々P 初音ミク 歌詞 Black Board ボカロ
蝶々PのBlack Boardです。
蝶々P feat.初音ミクでBlack Boardです。
音楽と一緒にやってみてもよさそうですね。
高得点目指しちゃってください~!
※このタイピングは「BLACK BOARD」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きみへのなみだはあのひとおなじくるしいおもいはいつもとおなじ)

君への涙はあの日と同じ 苦しい思いはいつもと同じ

(いとしいきもちはきのうとおなじ)

愛しい気持ちは昨日と同じ

(ゆるがぬおもいはあしたもおなじ)

揺るがぬ想いは明日も同じ

(だれもがいしきのかしかをするがぼくにみえるのはにしょくじゃないか)

誰もが意識の可視化をするが 僕に見えるのは二色じゃないか

(ひとのかずだけいろがあるのならぼくのめはすでにいじょうじゃないか)

人の数だけ色があるのなら 僕の目は既に異常じゃないか

(みえてるものをぎせいにしてみえないものにてをのばして)

見えてるものを犠牲にして 見えないものに手を伸ばして

(まざりあうことはできなくてかいてはけしてのくりかえし)

混ざり合うことはできなくて 描いては消しての繰り返し

(くろいくろいいたをまっしろにぬりつぶしてぼくはそこにじぶんをかいてみたいんだ)

黒い黒い板を真っ白に塗り潰して 僕はそこに自分を描いてみたいんだ

(ほおにふれたきみのつめたいゆびのあとが)

頬に触れた君の 冷たい指の痕が

(いつまでたってもきえてくれないよ)

いつまで経っても消えてくれないよ

(きみのめをふかくみつめるたびにぼくのからだにせんがふえていく)

君の目を深く見つめる度に 僕の体に線が増えていく

(ぼくのてがきみとふれあうたびにきみのからだがまたすりきれてく)

僕の手が君と触れ合う度に 君の体がまた擦り切れてく

(きみがすこしずつきえてはいになるぼくはそれをみてなぜかわらうの)

君が少しずつ消えて灰になる 僕はそれを見て何故か笑うの

(しろいしろいへやをまっくろにぬりつぶしてぼくはそこでじぶんをかえてみたいんだ)

白い白い部屋を真っ黒に塗り潰して 僕はそこで自分を変えてみたいんだ

(いまのぼくにはまだきみしかみえなくても)

今の僕にはまだ君しか見えなくても

(いつかきみをだきしめてみたいから)

いつか君を抱きしめてみたいから

(みえてるものをぎせいにしてみえないものにてをのばして)

見えてるものを犠牲にして 見えないものに手を伸ばして

(まざりあうことができるならかくのもけすのもおわりにしよう)

混ざり合うことが出来るなら 描くのも消すのも終わりにしよう

(くろいくろいぼくをまっしろにぬりつぶしてきみとおなじいろにそまってみたいんだ)

黒い黒い僕を真っ白に塗り潰して 君と同じ色に染まってみたいんだ

(しろいしろいきみをまっくろにぬりつぶしてこれでぼくらはひとつになれるかな)

白い白い君を真っ黒に塗り潰して これで僕らは一つになれるかな

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。