クリスマス

投稿者エリザベスプレイ回数000
楽曲情報 クリスマス  amazarashi  作詞秋田 ひろむ  作曲秋田 ひろむ
難易度(4.2) 1364打 歌詞 長文モード可タグ歌詞 かな amazarashi クリスマス
※このタイピングは「クリスマス」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ちいさなゆきのつぶもつみかさなればけしきをかえるのはふしぎですね)

小さな雪の粒も積み重なれば景色を変えるのは不思議ですね

(どうしようもないひもつみかさなればとしつきとなるのはざんこくですね)

どうしようもない日も積み重なれば年月となるのは残酷ですね

(ぼくがまよなかのへやでひとりことしのざんげをはじめたころ)

僕が真夜中の部屋で一人今年の懺悔を始めた頃

(とおいまちのしょうじょがちょうどねむりについたとき)

遠い街の少女が丁度眠りについた時

(ゆきがふりだした)

雪が降り出した

(つみぶかいさんびゃくいくにちにしろいゆきのつぶがまいおちて)

罪深い三百幾日に白い雪の粒が舞い落ちて

(それがとしあけまでつづけばこのあやまちもかれてくれるかな)

それが年明けまで続けばこの過ちも枯れてくれるかな

(どこかとおくみさいるがとんでりゅうせいとみまちがえたしょうじょ)

どこか遠くミサイルが飛んで流星と見間違えた少女

(ねがいをひとつとなえたところきょうはうつくしいくりすます)

願いを一つ唱えたところ今日は美しいクリスマス

(まちのどぶがわにふゆのせいざがけなげにひかるからいしをなげいれた)

街のドブ川に冬の星座が健気に光るから石を投げ入れた

(みなもにちぎれてわかれたふたござのさいかいをまってたらばいとにおくれたよ)

水面に千切れて別れた双子座の再会を待ってたらバイトに遅れたよ

(いやふぉんのなかでしゃべるfmきょくしょうかいでとぎれたおとのまに)

イヤフォンの中でしゃべるFM曲紹介で途切れた音の間に

(ぶつかったおとこのしたうちちかてつのかぜはこきょうの)

ぶつかった男の舌打ち地下鉄の風は故郷の

(うみかぜににてる)

海風に似てる

(つみぶかいさんびゃくいくにちにしろいゆきのつぶがまいおちて)

罪深い三百幾日に白い雪の粒が舞い落ちて

(それにこころがかじかむのならにくしみもこおってくれるかな)

それに心がかじかむのなら憎しみも凍ってくれるかな

(どこかとおくみさいるがとんでりゅうせいとみまちがえたしょうじょ)

どこか遠くミサイルが飛んで流星と見間違えた少女

(ねがいをふたつとなえたところきょうはうつくしいくりすます)

願いを二つ唱えたところ今日は美しいクリスマス

(よごれたぼくがよごしたせかいだからこそきらいになれないよ)

汚れた僕が汚した世界だからこそ嫌いになれないよ

(あいかわらずのせかいだからきみにはみせたくないんだけど)

相変わらずの世界だから君には見せたくないんだけど

(どうかしつぼうしないように)

どうか失望しないように

(どうかいってくれないか)

どうか言ってくれないか

(それでもすきだと)

それでも好きだと

(つみぶかいじゅうにがつのあさにしろいゆきのつぶがまいおちて)

罪深い十二月の朝に白い雪の粒が舞い落ちて

(それにやさしさがうもれたならこんなにまぶしいわけはないよ)

それに優しさが埋もれたならこんなに眩しいわけはないよ

(どこかとおくみさいるがとんでりゅうせいとみまちがえたしょうじょ)

どこか遠くミサイルが飛んで流星と見間違えた少女

(ねがいをみっつとなえるまえにめをさましたらぱぱのぷれぜんと)

願いを三つ唱える前に 目を覚ましたらパパのプレゼント

(さあいのろうぜせかいのためにすくいようないぼくらのために)

さあ祈ろうぜ世界の為に救いようない僕らの為に

(みてみろよひどいせかいだろきょうはうつくしいくりすます)

見てみろよ酷い世界だろ今日は美しいクリスマス

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。