夕暮れ蝉日記

投稿者39プレイ回数000お気に入り1
楽曲情報 夕暮れ蝉日記  まふまふ  作詞まふまふ  作曲まふまふ
難易度(3.2) 1023打 歌詞 かな 長文モード可タグIA まふまふ 夕暮れ蝉日記 歌詞 ボカロ
IAの夕暮れ蝉日記です!
まふまふ feat.IAの夕暮れ蝉日記です!
いい曲なので、音楽と一緒にどうぞ~。
高得点狙っちゃってください!
※このタイピングは「夕暮れ蝉日記」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(せみのこえがきこえますかゆめをおしえてくれますか)

蝉の声が聴こえますか?夢を教えてくれますか?

(だいたいどれもうそつきなようできみもどこかへ)

だいたいどれも嘘つきなようで 君もどこかへ

(うつろうつろころんでばっかちいさなうつわにあふれて)

虚ろ 虚ろ 転んでばっか 小さな器に溢れて

(どこかさびしげなよこがおも)

どこか寂しげな横顔も

(ただそれだけのこともゆれるなみだにぬれていく)

「ただそれだけのこと」も 揺れる涙にぬれていく

(まわるまわるきみをかこんでききなれたあのなきごえも)

まわる まわる 君を囲んで 聞きなれたあの鳴き声も

(すきをくれたあのせなかさえきみだけをかこんであざわらう)

好きをくれた あの背中さえ 君だけを囲んであざ笑う

(つづくつづくかんじょうせんはおわりもしらずにゆめうつつ)

続く 続く 環状線は終わりも知らずに 夢うつつ

(あのひめばえたかんじょうさえうそだらけのひびにきえていく)

あの日芽生えた 感情さえ嘘だらけの日々に消えていく

(それのおとがきこえるたびきみをここからとおざける)

それの音が聞こえるたび 君をここから遠ざける

(いつのまにかひとりきりにもなれてしまったね)

いつの間にかひとりきりにもなれてしまったね

(ひとはひとりじゃいきられないこまったときのともだち)

「人は一人じゃ生きられない」「困ったときの友達」

(うきあしだつきれいごとにももうさんざんなんだよ)

浮き足立つキレイゴトにも「もう散々なんだよ」

(ぽつりあまおとがひびく)

ぽつり 雨音が響く

(あしたわたしがきえるのならきみはわらってくれますか)

「明日私が消えるのなら 君は笑ってくれますか?」

(こらえたなみだがあふれだすみみざわりなほどにむひょうじょう)

こらえた涙があふれ出す 耳障りなほどに無表情

(ないてないてそのままないて)

鳴いて 鳴いて そのまま鳴いて

(おわりにきづいてちゅうぶらり)

終わりに気づいて宙ぶらり

(しらないはずのかんじょうでもみじめなゆうやけせみにっき)

知らないはずの感情でも みじめな夕焼け 蝉日記

(ゆうぐれのひきみをかくして)

夕暮れの火 君を隠して

(ゆうぐれのひきみをかくしてせみよ)

夕暮れの火 君を隠して 蝉よ

(このままもっとなきつづけてあのこがなきやむまでずっと)

このままもっと 鳴き続けて あの子が泣き止むまでずっと

(みんなきこえないふりをして)

みんな聴こえないフリをして

(とどかないものだとあざわらう)

届かないものだと あざ笑う

(ないてないてなきつかれたら)

泣いて 泣いて 泣き疲れたら

(そのままおちておやすみもううごかないぬけがらには)

そのまま落ちておやすみ もう動かない抜け殻には

(きみとゆめみごこちせみにっき)

君と夢見心地 蝉日記

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。