第109回日本語ワープロ検定準1級(速度)

投稿者君に決めたプレイ回数00000順位2826位  お気に入り1
難易度(5.0) 1922打 長文タグタイピング練習 ワープロ検定
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 subaru 7659 7.9 96.6% 238.8 1894 65 34 2020/12/08
2 つっち 5961 A+ 6.2 95.8% 314.7 1962 86 34 2021/01/08
3 cao 5932 A+ 6.2 95.7% 307.3 1908 85 34 2020/12/22
4 FocusZ 5797 A+ 6.0 95.9% 316.7 1918 82 34 2020/12/10
5 おみずめん 5043 B+ 5.4 93.0% 346.8 1891 142 34 2021/01/22

関連タイピング

問題文

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かんぶんというと、おおくのひとがむずかしくてよみにくいといういんしょうを)

漢文というと、多くの人が難しくて読みにくいという印象を

(もっているようです。それはじゅけんやてすとなどで)

持っているようです。それは受験やテストなどで

(おおいになやまされたけいけんがあるからではないでしょうか。)

大いに悩まされた経験があるからではないでしょうか。

(でもそのなかには、だれもがたのしめるおもしろいすとーりーがひめられています。)

でもその中には、だれもが楽しめる面白いストーリーが秘められています。

(よみとくと、いきるためのひんとやゆうきをあたえてくれることばも)

読み解くと、生きるためのヒントや勇気を与えてくれる言葉も

(たくさんあります。そして、わたしたちが)

たくさんあります。そして、わたしたちが

(ふだんつかっているじゅくごやこじせいごのうち、)

普段使っている熟語や故事成語のうち、

(およそ9わりはかんぶんがるーつなのです。)

およそ9割は漢文がルーツなのです。

(げんざいのこっているものは、かこ2000ねんいじょうにわたるちゅうごくのろんぐせらーです。)

現在残っているものは、過去2000年以上にわたる中国のロングセラーです。

(わたしたちのにちじょうせいかつやよくつかうことばのなかには、)

わたしたちの日常生活やよく使う言葉の中には、

(かんぶんからいんようされたいくつかのきょうくんやたとえばなしがあります。)

漢文から引用された幾つかの教訓や例え話があります。

(それは「すぎたるはなおおよばざるがごとし」や)

それは「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」や

(「ごじっぽひゃっぽ」などあげればきりがありません。)

「五十歩百歩」など挙げれば切りがありません。

(これらはちゅうごくのしそうかがかたりしるしたものです。)

これらは中国の思想家が語り記したものです。

(また、ひとしれずよいことをすれば、かならずめにみえてよいことがかえってくる)

また、人知れず良いことをすれば、必ず目に見えて良いことが返ってくる

(といういみの「いんとくあればかならずようほうあり」は)

という意味の「陰徳あれば必ず陽報あり」は

(あるくにのおうさまのものがたりをゆらいとしています。)

ある国の王様の物語を由来としています。

(さらに、しょうわやへいせいといったにほんのげんごうもかんぶんからきているといわれています。)

さらに、昭和や平成といった日本の元号も漢文からきているといわれています。

(これはちゅうごく、かんのぶていのじだいにできたせいどでちょうせんはんとうからでんらいしたようです。)

これは中国、漢の武帝の時代にできた制度で朝鮮半島から伝来したようです。

(また、こうこうなどではこてんをよむのうりょくをやしなうとともに、もののみかたやかんじかた、)

また、高校などでは古典を読む能力を養うとともに、ものの見方や感じ方、

など

(かんがえかたをひろげることをもくてきとしてじゅぎょうにもとりいれられています。)

考え方を広げることを目的として授業にも取り入れられています。

(しかしげんだいのにちじょうせいかつのなかで、かんじでひょうげんするようそがすくなくなり、)

しかし現代の日常生活の中で、漢字で表現する要素が少なくなり、

(かたかなやえいじひょうきがふえています。)

カタカナや英字表記が増えています。

(こうしたげんしょうはじょうほうかしゃかいのなかではやむをえないかもしれませんが、)

こうした現象は情報化社会の中ではやむを得ないかもしれませんが、

(ふひつようながいらいごのしようがめだつようにおもうこともあります。)

不必要な外来語の使用が目立つように思うこともあります。

(わたしたちのこころのどこかによこもじのほうがすまーとだというきもちが)

私たちの心のどこかに横文字の方がスマートだという気持ちが

(あるのかもしれません。そんなじだいだからこそ、)

あるのかもしれません。そんな時代だからこそ、

(かんじによってひょうげんされた、ぶんしょうやことばのうつくしさをしるのもよいでしょう。)

漢字によって表現された、文章や言葉の美しさを知るのもよいでしょう。

(かんぶんにはいまではつかわないひょうげんやどくとくのよみかたがあります。)

漢文には今では使わない表現や独特の読み方があります。

(いくどももどったり、おんよみとくんよみをつかいわけて)

幾度も戻ったり、音読みと訓読みを使い分けて

(よんだりするわずらわしさはありますが、にちじょうせいかつのなかにいきている、)

読んだりする煩わしさはありますが、日常生活の中に生きている、

(ことわざやきょうくんのゆらいをまなぶことができます。)

ことわざや教訓の由来を学ぶことができます。

(さらに、げんだいじんがよんでもおどろかされるひょうげんが)

さらに、現代人が読んでも驚かされる表現が

(すくなくないところもかんぶんのおもしろさです。)

少なくないところも漢文の面白さです。

問題文を全て表示 一部のみ表示 誤字・脱字等の報告

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

君に決めたのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード