四季刻歌

投稿者水面に咲く紅蓮の華プレイ回数1978
楽曲情報 四季刻歌  綿飴  作詞綿飴  作曲綿飴
難易度(2.4) 835打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 ボカロ
綿飴さんの 四季刻歌 作らせていただきました。
※このタイピングは「四季刻歌」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 にょんちゃん 6806 S++ 7.0 97.0% 119.0 835 25 32 2021/10/21
2 ミナトミライ☆ 5751 A+ 5.8 98.5% 143.1 835 12 32 2021/10/19
3 のや 4369 C+ 4.6 94.6% 179.9 833 47 32 2021/09/07
4 深山さん 3464 D 3.6 94.2% 225.7 833 51 32 2021/09/16
5 コトサガリ 2771 E+ 2.8 96.1% 289.4 835 33 32 2021/09/08

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(いつかみたかげぼうしとおいとおいひのおもいでは)

何時か見た影法師 遠い遠い日の想い出は

(はるがすぎなつがくるときはとまることなく)

春が過ぎ夏が来る 刻は止まることなく

(わかってたはずだったのに)

分かってた、はずだったのに

(どうしてもきおくからけせずに)

どうしても記憶から消せずに

(あのひからとまったままの)

あの日から止まったままの

(わたしのなかのとけい)

私の中の時計

(いつかゆめがおわるのならば)

いつか、夢が、終わるのならば

(すべてすべてむだだというの)

すべて、すべて、無駄だというの?

(ときはすすみもどりはしない)

時は、進み、戻りはしない

(きっととわにこどくなのでしょう)

きっと、永久に、孤独なのでしょう

(きみのせかいのときはわたしにはすこしはやすぎて)

君の世界の時は 私には少し早すぎて

(あきもすぎふゆがきてきせつはうつろいでく)

秋も過ぎ冬が来て 季節は移ろいでく

(つかんでたはずだったのに)

掴んでた筈だったのに

(またひとつひとつときえていく)

また一つ一つと消えていく

(いつかくるわかれのことは)

いつか来る、別れのことは

(わかりきってたことで)

分かりきってた事で

(あのひみせたきみのえがおは)

あの日、見せた、君の笑顔は

(きょうはきょうはどこにもないの)

今日は、今日は、どこにもないの

(あたりまえのしあわせでさえ)

当たり前の幸せでさえ

(わたしのまえできえてしまうの)

私の前で 消えてしまうの?

(ぼくはきみをひとりにしない)

「僕は、君を、一人にしない」

(あのひここでやくそくしたの)

あの日、ここで約束したの

(もしもときをとめられたなら)

もしも、時を止められたなら

(けっしてにどとすすまないでと)

決して二度と、進まないでと

(せかいときにきりはなされた)

世界、刻に、切り離された

(ひとりわたしまだできること)

一人、私、まだ出来ること

(なんどきせつかわるとしても)

何度、季節、変わるとしても

(かれるひまでうたいつづけて)

枯れる日まで歌い続けて

(きみにきみにとどくのならば)

君に、君に、届くのならば

(あすにあすにひびいておくれ)

明日に、明日に、響いておくれ

(ずっときみのそばにいたいと)

「ずっと、君の、そばにいたい」と

(かぜにのせてはるかかなたへ)

風に乗せて 遥か彼方へ・・・

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!