投稿者舞白プレイ回数000
楽曲情報 灯  山下誠一郎&櫻井トオル  作詞カヨコ  作曲村田 祐一
難易度(2.5) 1043打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 薬研藤四郎 蜻蛉切 活撃 刀剣乱舞
※このタイピングは「灯」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ながせないなみだがあめにかわるころ)

流せない涙が雨に変わる頃

(にびいろのそらにすくいのないごうおん)

鈍色の空に救いのない轟音

(たちつくしどれくらいたったのだろう)

立ち尽くしどれ位経ったのだろう

(つよさとひきかえにやすらぎてばなした)

強さと引き換えに安らぎ手放した

(いきばしょすらないこのおもい)

逝き場所すら無いこの想い

(いったいどこでおわらせようか)

一体何処で終わらせようか

(いっそきえぬなららいせまで)

いっそ消えぬなら来世まで

(つみもばつもひきつれたままで)

罪も罰も引き連れたままで

(よいやみにとけるこどう)

宵闇に溶ける鼓動

(こないよあけをずっとまっている)

来ない夜明けをずっと待っている

(ひとみとじてすがたをさがしたときのなか)

瞳閉じて姿を探した 季節の中

(たしかなことはひとつだってない)

確かなことは一つだってない

(このせかいのかたすみで)

この世界の片隅で

(ゆらめくあかりがてらしだすのは)

揺らめく灯が照らし出すのは

(むねにひろがるはてないこどく)

胸に広がる果てない孤独

(どこからかかすかにこえがきこえた)

何処からか微かに声が聞こえた

(いのちつきれどもなおきえないざんぞう)

生命尽きれども 尚消えない残像

(どれだけいのりつづけても)

どれだけ祈り続けても

(おもいもぬくもりもはるか)

想いも温もりも遥か

(いまむいみだとしりながら)

今無意味だと知りながら

(そらにはなつこのどうこく)

空に放つこの慟哭

(らいめいにかくされたしんじつ)

雷鳴に隠された真実

(だれにもとどかずにちってゆく)

誰にも届かずに散ってゆく

(ならばせめてあしたをおもってゆめのなか)

ならばせめて明日を想って 夢の中

(たしかなことはひとつだってない)

確かなことは一つだってない

(このせかいのかたすみで)

この世界の片隅で

(かけたこころがうつしだすのは)

欠けた心が映し出すのは

(まだおとずれぬあさやけ)

未だ訪れぬ朝焼け

(あめのなかたちつくしたまま)

雨の中立ち尽くしたまま

(ひとりきりあさをまちつづけた)

独りきり朝を待ち続けた

(いくらそらをあおぎさけぼうとも)

いくら空を仰ぎ叫ぼうとも

(このおもいとどくことなどないのに)

この想い届くことなどないのに

(よいやみにとけるこどう)

宵闇に溶ける鼓動

(こないよあけをずっとまっている)

来ない夜明けをずっと待っている

(ひとみとじてすがたをさがしたときのなか)

瞳閉じて姿を探した 季節の中

(たしかなことはひとつだってない)

確かなことは一つだってない

(このせかいのかたすみで)

この世界の片隅で

(ゆらめくあかりがてらしだすのは)

揺らめく灯が照らし出すのは

(むねにひろがるはてないこどく)

胸に広がる果てない孤独

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。