歌詞打 プラネタリウム

投稿者綺羅プレイ回数303
楽曲情報 プラネタリウム  BUMP OF CHICKEN  作詞藤原 基央  作曲藤原 基央
難易度(3.1) 1098打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞
BUMP OF CHICKENさんの「プラネタリウム」です!
※このタイピングは「プラネタリウム」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(よじょうはんをひろげたくてひらめいてからははやかった)

四畳半を拡げたくて 閃いてからは速かった

(つぎのひにはできあがったてづくりぷらねたりうむ)

次の日には 出来上がった 手作りプラネタリウム

(かがくのほんにかいてあったつくりかたのほかにあれんじ)

科学の本に書いてあった 作り方の他にアレンジ

(じつざいしないあなをあけてはずかしいなまえつけた)

実在しない穴を開けて 恥ずかしい名前付けた

(きえそうなくらいかがやいてて)

消えそうなくらい 輝いてて

(ふれようとてをのばしてみた)

触れようと 手を伸ばしてみた

(いちばんまぶしいあのほしのなまえは)

一番眩しい あの星の名前は

(ぼくしかしらない)

僕しか知らない

(てんじょうもかべもなくなってかわりにうちゅうをしきつめて)

天井も壁も無くなって 代わりに宇宙を敷き詰めて

(まどはいちどもあけないままですべてをてにいれた)

窓は一度も 開けないままで 全てを手に入れた

(よじょうはんのかたすみにはここにしかないほしがある)

四畳半の片隅には ここにしか無い星がある

(きずつかずきずつけないままできみをついにとじこめた)

傷付かず 傷付けないままで 君をついに閉じ込めた

(ちかづいたぶんとおざけてて)

近づいた分 遠ざけてて

(ふれることはあきらめてた)

触れる事は 諦めてた

(せのびしたらおどろくほどたやすく)

背伸びしたら 驚く程容易く

(ふれてしまった)

触れてしまった

(やめとけばよかった)

やめとけば良かった

(あたりまえだけどほんとうにとどいてしまった)

当たり前だけど 本当に届いてしまった

(このほしはきみじゃないぼくのゆめ)

この星は君じゃない 僕の夢

(ほんとうにとどくわけないひかり)

本当に届く訳無い光

(でもきえてくれないひかり)

でも 消えてくれない光

(よじょうはんのまどをあけてみあげればげんじつがめぐる)

四畳半の窓を開けて 見上げれば現実が巡る

(じつざいしないほしをさがすこころがぷらねたりうむ)

実在しない星を 探す心が プラネタリウム

(きえそうなくらいかがやいててきえてくれなくて)

消えそうなくらい 輝いてて 消えてくれなくて

(なきそうなくらいちかづいててとどかなくて)

泣きそうなくらい 近付いてて 届かなくて

(みえなくてもかがやいてて)

見えなくても 輝いてて

(ふれようときみのなまえをよぶ)

触れようと 君の名前を呼ぶ

(いちばんまぶしいあのほしのなみだは)

一番眩しい あの星の涙は

(ぼくしかしらない)

僕しか知らない

(きえそうなくらいかがやいてて)

消えそうなくらい 輝いてて

(ふれようとてをのばしてみた)

触れようと 手を伸ばしてみた

(いちばんまぶしいあのほしのなまえは)

一番眩しい あの星の名前は

(ぼくしかしらない)

僕しか知らない

(いつだってみつけるよきみのばしょは)

いつだって見付けるよ 君の場所は

(ぼくしかしらない)

僕しか知らない

(ぼくしかみえない)

僕しか見えない

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!