歌詞打 リリィ

スポンサーリンク
投稿者綺羅 プレイ回数527 順位9068位
楽曲情報 リリィ  BUMP OF CHICKEN  作詞藤原 基央  作曲藤原 基央
難易度(4.0) 1442打 歌詞 タグ歌詞
BUMP OF CHICKENの「リリィ」です!
※このタイピングは「リリィ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位名前スコア称号打鍵/秒正誤率時間(秒)打鍵数ミス問題日付
1 osn 6970 S++ 7.2 96.0% 198.4 1442 59 33 2018/12/03

関連タイピング

米津玄師/Lemon

米津玄師/Lemon

米津玄師のLemonです

プレイ回数253294
歌詞かな1119打
シャルル

シャルル

愛を 謳って。

プレイ回数157342
歌詞かな1066打
366日

366日

HY 366日

プレイ回数40382
歌詞かな874打
命に嫌われている。

命に嫌われている。

カンザキさんの「命に嫌われている。」です。

プレイ回数48935
歌詞1811打
アイネクライネ

アイネクライネ

米津玄師さんのアイネクライネです

プレイ回数126675
歌詞かな1373打
アスノヨゾラ哨戒班

アスノヨゾラ哨戒班

君が笑う再会の夜空へ。

プレイ回数58487
歌詞980打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(すぽっとらいとのしたじぶんをさけびうたった)

スポットライトの下 自分を叫び唄った

(おもうようにつたわらなくてそのたびにこぼれるよわねを)

思う様に伝わらなくて その度にこぼれる弱音を

(いまはまずいとあわててそのばはうまくかくして)

「今はマズい!」と慌てて その場は巧く隠して

(まよなかかぎかけたへやふくれたぽけっとうらがえすと)

真夜中 鍵かけた部屋 膨れたポケット 裏返すと

(ほらでてくるよわねのかずいちにちぶんそうぞうつくかい)

ホラ 出てくる弱音の数 1日分 想像つくかい?

(ところがきみはわらったしあわせそうにわらった)

ところが君は笑った 幸せそうに笑った

(とうぜんぼくはおこったまじめにきけよってどなりちらした)

当然 僕は怒った 「真面目に聞けよ!」って怒鳴り散らした

(それでもきみはわらったかわいいひとねといった)

それでも君は笑った 「かわいいヒトね」と言った

(さけんでもうたってもそのひとことにはかてるきがしない)

叫んでも 唄っても その一言には 勝てる気がしない

(ひくいすてーじのうえひっしでかっこつけた)

低いステージの上 必死で格好つけた

(じぶんもひともじょうずにだましゆめをみてゆめをみせた)

自分も人も上手に騙し 夢を見て 夢を見せた

(たいげんそうごもはいてやろうそういううたもうたった)

「大言壮語も吐いてやろう」 そういう歌も唄った

(こころのなかかぎかけたへやそのうたがどあをたたきつづける)

心の中 鍵かけた部屋 その歌が ドアを叩き続ける

(でてこいうそつきめとじぶんのうたにかっこわるくおどされるんだ)

「出てこいウソツキめ!」と 自分の歌に格好悪く 脅されるんだ

(ところがきみはわらったかっこいいよといった)

ところが君は笑った 「格好いいよ」と言った

(これだけぼくがぐちってもぼくのめをみてそんなことばをくれた)

これだけ僕が愚痴っても 僕の目を見て そんな言葉をくれた

(そういうところもぜんぶかわいいひとねといった)

「そういうトコロも全部 かわいいヒトね」と言った

(つくってもきどってもそのひとことにはすべてみられていた)

ツクっても 気取っても その一言には 全て見られていた

(ぽけっといっぱいのよわねをあつめてきみにはなった)

ポケット一杯の弱音を 集めて君に放った

(つよがりのうらのうそをはなったぶちまけた)

強がりの裏のウソを 放った ぶちまけた

(しゅうでんをつげるほうそうあわててかけていくひと)

終電を告げる放送 慌てて駆けて行く人

(みぎてにきみのひだりてもうはなさなきゃ)

右手に君の左手 もう離さなきゃ……

(かいさつをぬけるときさいしょでさいごのひと)

改札を抜ける時 「最初で最後のヒト」

(そんなことばがうかんだいわないでいくとしよう)

そんな言葉が浮かんだ 言わないで 行くとしよう

(さいごにふりかえろうたしかめたいことがあるんだ)

最後に振り返ろう 確かめたいコトがあるんだ

(やっぱりきみはわらったわかれのそばでわらった)

やっぱり君は笑った 別れの傍で笑った

(つられてぼくもわらったまたあえるからってたしかめるように)

つられて僕も笑った 「また会えるから」って確かめるように

(やっぱりぼくはうたうよもういちどさけびうたうよ)

やっぱり僕は唄うよ もう一度叫び唄うよ

(いままでいちどもつかうことのなかったことばをまぜて)

今まで一度も使うことのなかった 言葉を混ぜて

(すぽっとらいとのしたひくいすてーじのうえ)

スポットライトの下 低いステージの上

(かいさつでいわなかったあのことばにもう1つことばをまぜて)

改札で言わなかった あの言葉に もう1つ言葉を混ぜて

(こうよばせてくれないかさいしょでさいごのこいびと)

こう呼ばせてくれないか 「最初で最後の恋人」

(このうたがへやのどあをたたきにきたってむねをはれるから)

この歌が 部屋のドアを叩きに来たって 胸を張れるから

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※ランキング登録した名前で投稿されます。