追憶

投稿者柘榴プレイ回数000
楽曲情報 追憶  白石 蔵ノ介(CV:細谷 佳正)  作詞K.K  作曲K.K
難易度(2.2) 932打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 テニプリ キャラソン 白石蔵ノ介
白石のキャラソン「追憶」の歌詞打ちです
※このタイピングは「追憶」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はるのひざしにこおらせていた)

春の陽ざしに 凍らせていた

(おもいでがそっとめをさます)

思い出がそっと目を覚ます

(きみのきおくはどこかあまくて)

君の記憶は どこか甘くて

(だけどむねをさしつづけてる)

だけど 胸を刺しつづけてる

(むだなことできずつけあって)

無駄なことで 傷つけあって

(にどとしないとちかってくりかえした)

二度としないと誓って 繰り返した

(さくらちるはなふぶきのした)

サクラ散る 花吹雪の下

(なんどでもきみをおもふ)

何度でも 君を想ふ

(もういちどそばにいけるなら)

もう一度 そばに行けるなら

(けっしてはなさないよ)

決して離さないよ

(ひえきったきせつをこのてで)

冷え切った 季節をこの手で

(しきさいのときにかえて)

色彩の時に変えて

(はるいろのあのひのえがおを)

春色のあの日の笑顔を

(きみにあげたいから)

君にあげたいから

(ゆめにひっしになるぼくごとを)

夢に必死になる僕ごとを

(わかってくれてるとしんじて)

わかってくれてると信じて

(きみのさみしさきづいていても)

君のさみしさ 気づいていても

(いつだってあとまわしにした)

いつだって後回しにした

(じぶんかってにはしってたあし)

自分勝手に 走ってた足

(いっしゅんとめてよりそえばよかったのに)

一瞬止めて寄り添えば よかったのに

(さくらちるはなふぶきのした)

サクラ散る 花吹雪の下

(わすれないきみをおもふ)

忘れない 君を想ふ

(こうかいはとけることもなく)

後悔は とけることもなく

(むねにふりつづける)

胸に降り続ける

(はなれたらおわってゆけるほど)

離れたら 終わってゆけるほど

(かんたんなきもちじゃない)

簡単な気持ちじゃない

(おそいってわかってるよだけど)

遅いってわかってるよだけど

(きみをだきしめたい)

君を抱きしめたい

(すぎたじかんはかえらないと)

過ぎた時間は帰らないと

(しっているけど)

知っているけど

(でもこのままわすれること)

でもこのまま 忘れること

(できないとわかってたから)

できないとわかってたから

(さくらちるはなふぶきのした)

サクラ散る 花吹雪の下

(もういちどきみへはしる)

もう一度 君へ走る

(はなびらでそまるみちまっすぐ)

花びらで染まる道まっすぐ

(きみへかけだしてく)

君へ 駆けだしてく

(ひえきったきせつをこのてで)

冷え切った 季節をこの手で

(しきさいのときにかえて)

色彩の時に変えて

(はるいろのあのひのえがおを)

春色のあの日の笑顔を

(きみにあげたいから)

君にあげたいから

(きみにあげたいから)

君にあげたいから

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

柘榴のタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971