金星  ‐平沢進‐

投稿者maiabusプレイ回数000
楽曲情報 金星  平沢 進  作詞平沢 進  作曲平沢 進
難易度(3.8) 557打 歌詞 長文モード可タグ平沢進 P‐MODEL
平沢進の金星です。
ぜひ聞いてみてね。ギターがたまらん。。。
※このタイピングは「金星」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あさがくるまえにきえたほしまでのちずを)

朝が来る前に 消えた星までの地図を

(きみへのうたにかえちのはてのたみにあずけた)

キミへの歌に変え 地の果ての民に預けた

(ふねよいそげよにしはまだむきゅうのさなか)

船よ急げよ 西はまだ無窮のさなか

(ねむりからみはらせばうちゅうはきみをゆめみて)

眠りから見晴らせば宇宙は キミを夢見て

(ぼくらのあいだにかわらないものをかぞえ)

ボクらの間に変わらないものを数え

(やくそくにくらみいくつものはしをわたった)

約束にくらみ いくつもの橋を渡った

(あのひからきえたほしがいまかわもにうつる)

あの日から消えた 星がいま川面に映る

(みずかさよませあふれきみへとぼくをうずめて)

水かさよ増せ 溢れ キミへとボクを埋めて

(いつかひをあおいできえたほしがみえたひは)

いつか陽を仰いで 消えた星が見えた日は

(ちのはてのたみにあずけてあのちずのうたをうたおう)

地の果ての民に預けてあの地図の歌をうたおう

(ぼくはきみだからと)

″ボクはキミだから″と

(ぼくはきみだからと・・・・・・)

″ボクはキミだから″と……

(あさがくるまえにきえたほしまでのちずを)

朝が来る前に消えた星までの地図を

(きみへのうたにかえちのはてのたみにあずけた)

キミへの歌に変え地の果ての民に預けた

(にしはまだむきゅうのさなかねむりからみはらせばうちゅうは)

西はまだ無窮のさなか 眠りから見晴らせば宇宙は

(きみをゆめみて)

キミを夢見て

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。