渡辺美里 悲しいね

投稿者©彩花みず穂™プレイ回数666
楽曲情報 悲しいね  渡辺 美里  作詞MISATO  作曲小室 哲哉
難易度(2.7) 924打 歌詞 かな 長文モード可タグ渡辺美里 J-POP ROCK 小室哲哉
渡辺美里の悲しいねです
渡部美里さんの悲しいねです。120秒の時間制限を設けました。
※このタイピングは「悲しいね」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(くだりのでんしゃあしたまではまたあえない)

下りの電車明日迄はまた逢えない

(まつげのさきそっとまちのひがともるよ)

まつ毛の先そっと街の灯がともるよ

(やさしくいきがかかるくらいちかくにいて)

やさしく息がかかるくらい近くにいて

(せつないほどきみをとおくかんじている)

切ないほど君を遠く感じている

(きみになきがおみせないように)

きみに泣き顔みせないように

(うしろむきでてをふるのはなぜ)

後ろ向きで手を振るのは何故

(ながれてはすぎるふうけいにこたえがあふれだす)

流れては過ぎる風景に答えがあふれ出す

(おさないころはさんたくろーすまってたよ)

幼いころはサンタクロース待ってたよ

(こごえるようなよるはきみのこえまっている)

凍えるような夜は君の声待っている

(ひとごみのなかまぎれてると)

人ごみの中まぎれてると

(ゆめさえてばなしたくなるのはなぜ)

夢さえ手放したくなるのはなぜ

(つよくきよらかなせいかつにすこしつかれたよう)

強く清らかな生活に少し疲れたよう

(いちばんのゆうきはいつのひも)

一番の勇気はいつの日も

(じぶんらしくすなおにいきること)

自分らしく素直に生きること

(しろいゆきめのなかにおちてくる)

白い雪目の中におちてくる

(きみいがいみえなくなる)

きみ以外見えなくなる

(かなしいねさよならはいつだって)

悲しいねさよならはいつだって

(やさしさをうしなったうみのいろ)

やさしさを失った海の色

(かなしいねかなしいねかなしいね)

悲しいね悲しいね悲しいね

(あいすることためらうなんて)

愛することためらうなんて

(こくどうぞいのがいろじゅへとかぜがゆれる)

国道沿いの街路樹へと風が揺れる

(かじかむてのひらにふゆがちかづいている)

かじかむ手のひらに冬が近づいている

(ひとのこころのあたたかさに)

人のこころのあたたかさに

(なさけないほどふれたいのはなぜ)

情けないほどふれたいのは何故

(ふみきりのおとにわけもなくなみだがあふれだす)

踏切の音にわけもなく涙があふれ出す

(かなしいねひとりきりいつだって)

悲しいねひとりきりいつだって

(むじゃきさをうしなったとおいそら)

むじゃきさを失った遠い空

(かなしいねかなしいねかなしいね)

悲しいね悲しいね悲しいね

(あらそうばかりじゃかなしいね)

争うばかりじゃ悲しいね

(かなしいねさよならはいつだって)

悲しいねさよならはいつだって

(かなしいねひとりきりいつだって)

悲しいねひとりきりいつだって

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!