wander 関ジャニ∞

スポンサーリンク
投稿者@ゆう プレイ回数215 順位8975位
楽曲情報 WANDER  関ジャニ∞  作詞九州男  作曲九州男
※このタイピングは「WANDER」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

3月9日 レミオロメン

3月9日 レミオロメン

プレイ回数138215
歌詞820打
空も飛べるはず スピッツ

空も飛べるはず スピッツ

プレイ回数24574
歌詞かな667打
チェリー スピッツ

チェリー スピッツ

プレイ回数47629
歌詞かな858打
異邦人 久保田早紀

異邦人 久保田早紀

プレイ回数5456
歌詞かな552打
卒業写真 松任谷由実

卒業写真 松任谷由実

プレイ回数7085
歌詞かな467打
Happiness 嵐

Happiness 嵐

プレイ回数3921
歌詞883打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(このいちをめざしたちず?)

この位置を目指した地図?

(それよりもめのまえのじゆうとたわむれ)

それよりも目の前の自由と戯れ

(しごとをこなしてくいつわりしかない)

仕事をこなしてく 偽りしかない

(しがないひびをたたずみ)

しがない日々をたたずみ

(あるいてきたじょうずに)

歩いてきた上手に

(ただたいせつなものをとおくにおいてきたことにもきづけずに)

ただ大切な物を遠くに 置いてきた事にも気づけずに

(まきおこるあきてたげんじつにしたつづみしてた)

巻き起こる飽きてた現実に舌鼓してた

(かえりみずてにいれたちいやめいよのかげのかくすじこけんお)

顧みず手に入れた 地位や名誉の影の隠す 自己嫌悪

(もくてきのためならばつないでたてとてをはなした)

目的の為ならば 繋いでた手と手を離した

(かなしみもよろこびもごちゃまぜにして)

悲しみも喜びも ごちゃ混ぜにして

(こころからきこえるさけびごえにさえもみみをふさいでた)

心から聞こえる 叫び声にさえも 耳をふさいでた

(いみをもとめいみもなく)

意味を求め 意味もなく

(しんじたふぃーるどにたつのさ)

信じたフィールドに立つのさ

(いきをころしみちをゆくめをふせいつわりのすがたで)

息を殺し 道を行く 目を伏せ偽りの姿で

(そのあしあとからめがはえどんなはながさくのか)

その足跡から芽が生え どんな花が咲くのか

(wheretowander?)

where to wander?

(でもきっとなにかをとどけたい)

でもきっと何かを届けたい

(あしばやにむかうあしたがこないことねがってたなんだか)

足早に向かう 明日が来ない事願ってた なんだか

(あなたがわからないといわれおれもわからない)

あなたがわからない と言われ 俺もわからない

(いいわけもできなくなってた)

言い訳も 出来なくなってた

(そっとかがみのまえにたっては)

そっと鏡の前に立っては

(これをのぞんでたの?のぞんではいないだろ?)

これを望んでたの?望んではいないだろ?

(そんなかおでみつめられていたじぶんじしんに)

そんな顔で 見つめられていた自分自身に

(ふくらませてきたそうぞうとねがい)

膨らませてきた 創造と願い

(ゆめにまでみてきたせかい)

夢にまで見てきた世界

(ぐげんかしたのにこぼれないえみすらも)

具現化したのにこぼれない 笑みすらも

(やっとできあがってたとうしんだいのぱずるは)

やっと出来上がってた 等身大のパズルは

(しんぞうぶぶんのぴーすだけがぬけおちていた)

心臓部分のピースだけが 抜け落ちていた

(いみをもとめいみもなくしんじたふぃーるどにたつのさ)

意味を求め意味もなく 信じたフィールドに立つのさ

(いきをころしみちをゆくめをふせいつわりのすがたで)

息を殺し道を行く 目を伏せ偽りの姿で

(そのあしあとからめがはえどんなはながさくのか)

その足跡から芽が生え どんな花が咲くのか

(wheretowander?)

where to wander?

(でもきっとなにかをとどけたい)

でもきっと何かを届けたい

(かわいたのどをこらえさがしてきたこたえを)

渇いた喉を堪え 探してきた答えを

(みたされることしんじてすすんできた)

満たされる事 信じて進んできた

(でも、そんざいしてるいみもなくしたこころのこえも)

でも、存在してる意味も 無くした心の声も

(ひともまちもしかいもくらやみでなにもかもここには・・・ない)

人も街も視界も 暗闇で何もかもここには…ない

(ときのばすにのるすぎゆくけしきとけいのはりまきもどる)

時のバスに乗る 過ぎ行く景色 時計の針巻き戻る

(うるわしきなついろまばゆいひざしとおいきおくただよう)

麗しき夏色 まばゆい日差し 遠い記憶漂う

(いちねん・・・ごねん・・・じゅうねん・・・たどりつくはずない)

一年…五年…十年…辿り着くはずない

(とうにすてたしゅうてん)

とうに捨てた終点

(おりるとちゅうでとちゅうげしゃしたおれのめのまえに)

降りる途中で 途中下車した俺の目の前に

(しょうねんがりょうていっぱいにゆめやきぼうをかかえこんでわらってた)

少年が 両手いっぱいに夢や希望を抱え込んで笑ってた

(みおぼえあるおれはひとめでだれだかわかってた)

見覚えある俺は 一目で誰だかわかってた

(こんなふうにわらえてたんだ)

こんな風に笑えてたんだ

(おもいだせばこたえはあった)

思い出せば答えはあった

(そう、たいせつなもの)

そう、大切なもの

(おれはきれいなはなをさかせたかったんだ)

俺は綺麗な花を咲かせたかったんだ

(いみをもとめいみをだくしんじたふぃーるどにたつのさ)

意味を求め意味を抱く 信じたフィールドに立つのさ

(いきをはいてみちをゆくかおあげほこらしいすがたで)

息を吐いて道を行く 顔上げ誇らしい姿で

(このあしあとからめがはえきれいなはなをさかせよう)

この足跡から芽が生え 綺麗な花を咲かせよう

(wheretowander?)

where to wander?

(おれはしんのあいをとどけたい)

俺は真の愛を届けたい

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

@ゆうのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾第9014141001Y38026