砂の果実

投稿者plumプレイ回数323
楽曲情報 砂の果実  中谷 美紀WITH坂本 龍一  作詞売野 雅勇  作曲坂本 龍一
難易度(1.8) 579打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 90年代
中谷美紀・坂本龍一
(記号は省略)
※このタイピングは「砂の果実」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(あのころのぼくらが)

あの頃の僕らが

(わらってけいべつした)

嘲笑って軽蔑した

(はずかしいおとなに)

恥ずかしい大人に

(あのときなったんだね)

あの時なったんだね

(しょうねんくさいきみの)

少年くさい君の

(ほこりがうっとうしくて)

ほこりが鬱陶しくて

(まごころをからかったね)

真心をからかったね

(あいさえはぐらかして)

愛さえはぐらかして

(うまれてこなければ)

生まれて来なければ

(ほんとうはよかったのに)

本当はよかったのに

(あのひきみになげた)

あの日 君に投げた

(こえにふくしゅうされてる)

声に復讐されてる

(よわむしのぎぜんしゃは)

弱虫の偽善者は

(ぼくのほうだったよね)

僕の方だったよね

(そこからわらえばいい)

そこから笑えばいい

(だらくしてゆくぼくを)

堕落してゆく僕を

(あのころのぼくらが)

あの頃の僕らが

(わらってけいべつした)

嘲笑って軽蔑した

(からっぽのおとなに)

空っぽの大人に

(きづけばなっていたよ)

気づけばなっていたよ

(うまれてこなければ)

生まれて来なければ

(ほんとうはよかったの)

本当はよかったの

(ぼくはすなのかじつ)

僕は砂の果実

(ひょうてんかのあおぞら)

氷点下の青空

(ぼくのことほこりにしてるって)

僕のこと誇りにしてるって

(つぶやいたこえに)

つぶやいた声に

(なきたくなるいまでも)

泣きたくなる 今でも

(このむねがさわぐ)

この胸が騒ぐ

(かなしいなつかしさで)

悲しい懐かしさで

(きみをおもうたび)

君を想うたび

(あらかじめうしなわれた)

あらかじめ失われた

(かくめいのように)

革命のように

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!