街 堂本剛

スポンサーリンク
投稿者@ゆう プレイ回数638 順位10022位
楽曲情報 街  堂本 剛  作詞堂本 剛  作曲堂本 剛
難易度(2.6) 1084打 歌詞 かな タグ堂本剛 歌詞 ジャニーズ
※このタイピングは「街」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

3月9日 レミオロメン

3月9日 レミオロメン

プレイ回数138539
歌詞820打
ジャニーズ名前タイピング

ジャニーズ名前タイピング

これで名前がわからないとは言わせない

プレイ回数156450
かな1264打
チェリー スピッツ

チェリー スピッツ

プレイ回数47744
歌詞かな858打
嵐 One Love

嵐 One Love

嵐のOne Loveの歌詞タイピングです!

プレイ回数31504
歌詞かな800打
世界に一つだけの花

世界に一つだけの花

2016年12月31日解散のSMAP。ラストステージの曲です。

プレイ回数14593
歌詞かな948打
二宮和也「虹」

二宮和也「虹」

二宮和也のソロ曲です。

プレイ回数26431
歌詞881打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(ぼくがいきてるこのまちは)

僕が生きてるこの街は

(ふしぎをひそめこきゅうしてる)

不思議を潜め呼吸してる

(まだそれにきづかずいきてんだろうなって)

まだそれに気づかず 生きてんだろうなって

(ななめまえをあるくしょうねんにおとななふり)

斜め前を歩く 少年に大人なふり

(ゆめをてにできずすてたひが)

夢を手に出来ず 捨てた日が

(ときおりむねをうつ)

時折り胸を打つ

(このしょうねんのあるいてくさきに)

この少年の歩いてく先に

(ふしぎがたくさんさいていますように)

不思議がたくさん咲いていますように

(うそにぶたれるおとはすきじゃないや)

嘘にぶたれる音は 好きじゃないや

(きずしみるけどきょうもたたかってたいな)

傷しみるけど 今日も戦ってたいな

(あいをみうしなってしまうじだいだ)

愛を見失ってしまう時代だ

(だれもがもっているんだ)

誰もが持っているんだ

(じぶんをまもりいきていくじだいだ)

自分を守り生きていく時代だ

(だからこそぼくらが)

だからこそ僕らが

(あいをきざもうきずついたりもするんだけど)

愛を刻もう 傷ついたりもするんだけど

(いたみまでもみうしないたくない)

痛みまでも見失いたくない

(きみのかげゆれるひがおおくなってるきがする)

君の影揺れる日が 多くなってる気がする

(ちっちゃいおとこでおわりたくないって)

小ちゃい男で終わりたくないって

(ひかりをさしてきづかぬそぶりしてんだ)

光を射して 気付かぬ素振りしてんだ

(ちかごろのそらやけにせまくうつるな)

近頃の空 やけに狭く映るな

(きみもおなじだろうふあんだきしめてんだろう)

君も同じだろう 不安抱きしめてんだろう

(きみがくるしめられないほしょうが)

君が苦しめられない保証が

(このまちにもあれば)

この街にもあれば

(ゆうきなしでせなかおしたけど)

勇気なしで 背中押したけど

(いまだきがかりだよ)

未だ気がかりだよ

(つよがるときがきたとしたらこれはちゃんすだって)

強がる時が来たとしたら これはチャンスだって

(きみならきっとわらいとばせてるよね)

君ならきっと 笑い飛ばせてるよね

(このからだまだいけるさ)

このカラダまだ行けるさ

(げーむはまだおわっちゃいないさ)

ゲームはまだ終わっちゃいないさ

(あいをみうしなってしまうじだいだ)

愛を見失ってしまう時代だ

(じぶんをまもりいきていくじだいだ)

自分を守り生きていく時代だ

(なにかをまもるためにあいをふせるなんてぶさいくだ)

何かを守る為に 愛を伏せるなんて不細工だ

(あいをみうしなってしまうじだいだ)

愛を見失ってしまう時代だ

(まちももとめているんだ)

街も求めているんだ

(じぶんをまもりいきていくじだいだ)

自分を守り生きていく時代だ

(だからこそたましいが)

だからこそタマシイが

(あいをきざもうきずついたりもするんだけど)

愛を刻もう 傷ついたりもするんだけど

(いたみだけはわすれたくないんだ)

痛みだけは 忘れたくないんだ

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

@ゆうのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾第9014141001Y38026