プール/スピッツ

投稿者めるプレイ回数660
楽曲情報 プール  スピッツ  作詞草野 正宗  作曲草野 正宗
難易度(2.9) 521打 歌詞 かな 長文モード可タグスピッツ 名前をつけてやる プール
1991年2ndアルバム「名前をつけてやる」
※このタイピングは「プール」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きみにあえたなつぐもになった)

君に会えた 夏蜘蛛になった

(ねっころがってくるくるにからまってふざけた)

ねっころがって くるくるにからまって ふざけた

(かぜのようにすこしだけゆれながら)

風のように 少しだけ揺れながら

(まちのすみのどぶがわにあった)

街の隅の ドブ川にあった

(こわれそうなささぶねにのってながれた)

壊れそうな 笹船に乗って 流れた

(きりのようにかすかにきえながら)

霧のように かすかに消えながら

(ひとりをわすれたせかいにみずしぶきはねあげて)

孤りを忘れた世界に 水しぶきはね上げて

(ばたあしおおきなすがたがおよぎだす)

バタ足 大きな姿が泳ぎ出す

(きみにあえたなつぐもになった)

君に会えた 夏蜘蛛になった

(ねっころがってくるくるにからまってふざけた)

ねっころがって くるくるにからまって ふざけた

(かぜのようにすこしだけゆれながら)

風のように 少しだけ揺れながら

(ひとりをわすれたせかいにしろいはなふりやまず)

孤りを忘れた世界に 白い花 降りやまず

(でこぼこのはらをしずかにひはてらす)

でこぼこ野原を 静かに日は照らす

(きみにあえたなつぐもになった)

君に会えた 夏蜘蛛になった

(ねっころがってくるくるにからまってふざけた)

ねっころがって くるくるにからまって ふざけた

(かぜのようにすこしだけゆれながら)

風のように 少しだけ揺れながら

◆コメントを投稿

※誹謗中傷、公序良俗に反するコメント、歌詞の投稿、宣伝行為は禁止です。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

※コメントは日本語で投稿してください。

※歌詞のコメントは著作権侵害となります。投稿しないでください!