カゲロウデイズ

投稿者神様なんていないのだよwプレイ回数0000
楽曲情報 カゲロウデイズ  じん(自然の敵P)  作詞じん(自然の敵P)  作曲じん(自然の敵P)
難易度(3.4) 1375打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 ボカロ タイピング ボーカロイド
※このタイピングは「カゲロウデイズ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(はちがつじゅうごにちのごごじゅうにじはんくらいのことてんきがいい)

八月十五日の午後十二時半くらいのこと天気がいい

(びょうきになりそうなほどまぶしいひざしのなか)

病気になりそうなほどまぶしい日差しの中

(することもないからきみとだべっていた)

することもないから君とだべっていた

(でもまぁなつはきらいかな)

でもまぁ夏は嫌いかな

(ねこをなでながらきみはふてぶてしくつぶやいた)

猫をなでながら君はふてぶてしくつぶやいた

(あーにげだしたねこの)

あー逃げ出した猫の

(あとをおいかけてとびこんでしまった)

あとを追いかけて飛び込んでしまった

(のはあかにかわったしんごうき)

のは赤に変わった信号機

(ばっととおったとらっくがきみをひきずってなきさけぶ)

ばっと通ったトラックが君を引きずって泣き叫ぶ

(ちしぶきのいろきみのかおりとまざりあってむせかえった)

血しぶきの色君の香りと混ざり合ってむせ返った

(うそみたいなかげろうがうそじゃないぞってわらってる)

嘘みたいな陽炎が嘘じゃないぞって笑ってる

(なつのみずいろかきまわすようなせみのねにすべてくらんだ)

夏の水色かき回すような蝉の音にすべてくらんだ

(めをさましたとけいのはりがなりひびくべっとで)

目を覚ました時計の針が鳴り響くベットで

(いまはなんじ?)

今は何時?

(はちがつじゅうよっかのごぜんじゅうにじすぎくらいをさす)

八月十四日の午前十二時過ぎくらいを指す

(やけにうるさいせみのこえをおぼえていた)

やけにうるさい蝉の声を覚えていた

(でもさすこしふしぎかな)

でもさ少し不思議かな

(おなじこうえんできのうみたゆめをおもいだした)

同じ公園で昨日見た夢を思い出した

(もうきょうはかえろうか)

もう今日は帰ろうか

(みちにぬけたとき)

道に抜けたとき

(まわりのひとはみんなうえをみあげくちをあけていた)

周りの人は皆上を見上げ口を開けていた

(らっかしてきたてっちゅうがきみをつらぬいてつきささる)

落下してきた鉄柱が君を貫いて突き刺さる

(つんざくひめいとふうりんのおとがきぎのすきまでからまわり)

つんざく悲鳴と風鈴の音が木々の隙間で空回り

(わざとらしいかげろうがゆめじゃないぞってわらってる)

わざとらしい陽炎が夢じゃないぞって笑ってる

(くらむしかいにきみのよこがおわらっているようなきがした)

眩む視界に君の横顔笑っているような気がした

(なんどせかいがくらんでも)

何度世界が眩んでも

(かげろうがわらってうばいさる)

カゲロウが嗤って奪い去る

(くりかえしてなんじゅうねんもとっくにきがついていたろ)

繰り返して何十年もとっくに気がついていたろ

(こんなよくあるはなしならけつまつはきっとひとつだけ)

こんなよくある話なら結末はきっと一つだけ

(くりかえしたなつのひのむこう)

繰り返した夏の日の向こう

(ばっとおしのけとびこんだ)

ばっと押しのけ飛び込んだ

(しゅんかんとらっくにぶちあたる)

瞬間トラックにぶち当たる

(ちしぶきのいろきみのひとみときしむからだにらんはんしゃして)

血飛沫の色君の瞳と軋む躰に乱反射して

(もんくありげなかげろうにざまぁみろよって)

文句ありげなカゲロウにざまぁみろよって

(わらったら)

嗤ったら

(じつによくあるなつのひのことそんななんかがここでおわった)

実によくある夏の日のことそんななんかがここで終わった

(めをさましたはちがつじゅうよっかのべっとのうえしょうじょはただまただめだったよ)

目を覚ました八月十四日のベットの上少女はただまた駄目だったよ

(とひとりねこをだきかかえていた)

と一人猫を抱きかかえていた

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。