謎謎

スポンサーリンク
投稿者syara* プレイ回数1380 順位2868位 お気に入り1
楽曲情報 謎謎  RADWIMPS  作詞野田 洋次郎  作曲野田 洋次郎
難易度(2.7) 1708打 歌詞 かな タグ歌詞 音楽 タイピング RADWIMPS 謎謎
RADWIMPSの「謎謎」のタイピングです。
※このタイピングは「謎謎」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

なんでもないや

なんでもないや

「君の名は。」主題歌

プレイ回数73322
歌詞かな2007打
正解 

正解 

解答用紙は あなたのこれからの人生

プレイ回数309
歌詞かな1488打
ふたりごと

ふたりごと

RADWIMPSの「ふたりごと」です

プレイ回数5370
歌詞かな1819打
夢灯籠/RADWIMPS

夢灯籠/RADWIMPS

時間にキスを。

プレイ回数4334
歌詞かな536打
有心論

有心論

RADWIMPSの有心論です!

プレイ回数1138
歌詞かな1637打
君と羊と青

君と羊と青

君と羊と青

プレイ回数10072
歌詞かな1047打

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(うちがわからはきみにだけしかみえないのに)

内側からは君にだけしか見えないのに

(そとからはぼくにしかみえないものはなーんだ)

外からは僕にしか見えないものはなーんだ

(きみからはけっしてはなれようとはしないのに)

君からは決して離れようとはしないのに

(ぼくからはへいきではなれていくものはなーんだ)

僕からは平気で離れていくものはなーんだ

(ぼくがうそをついてもきっとわからないのに)

僕が嘘をついてもきっと分からないのに

(きみがうそをつくとすぐわかるものはなーんだ)

君が嘘をつくとすぐ分かるものはなーんだ

(かなしいときはむりしてわらってみせるのに)

悲しい時は無理して笑ってみせるのに

(うれしいときはなみだをながすものはなーんだ)

嬉しい時は涙を流すものはなーんだ

(それはひかっていた)

それは光っていた

(みあげるとひかっていた)

見上げると光っていた

(めのまえにふってきた)

眼の前に降ってきた

(それはまるでそれはきみは)

それはまるで それは 君は

(まよなかにかかるにじのように)

真夜中に架かる虹のように

(ひるまにかがやくほしのように)

昼間に輝く星のように

(なつにふりそそぐゆきのように)

夏に降り注ぐ雪のように

(それはそれはあたらしかった)

それは それは 新しかった

(さばくでみるしろくまのように)

砂漠で観るシロクマのように

(とかいでみるおーろらのように)

都会で観るオーロラのように

(かせいでみるせいめいのように)

火星で観る生命のように

(それはそれはうつくしかったから)

それは それは 美しかったから

(ぼくはこえにだしてしかつたえられないのに)

僕は声に出してしか伝えられないのに

(きみはくちにせずともはなせるひとはだーれだ)

君は口にせずとも話せる人はだーれだ

(きみはうまれたときにはすでにであってるのに)

君は生まれた時にはすでに出会ってるのに

(ぼくはやっとこのまえであえたものはなーんだ)

僕はやっとこの前出会えたものはなーんだ

(きみはしぬまでわかれることはないとおもうけど)

君は死ぬまで別れる事はないと思うけど

(ぼくにはいつわかれがくるかわからないものはなーんだ)

僕にはいつ別れがくるかわからないものはなーんだ

(だけどそれでもいいとおもえるものはなんだ)

だけどそれでもいいと思えるものはなんだ

(だってそれだからこそであえたものはなーんだ)

だってそれだからこそ出会えたものはなーんだ

(そうだであったんだ)

そうだ 出会ったんだ

(あのときであったんだ)

あの時出会ったんだ

(すべてになったんだ)

すべてになったんだ

(それはまるでそれはきみは)

それはまるで それは 君は

(なつのつぎにはるがくるように)

夏の次に春が来るように

(ひるのつぎにあさがくるように)

昼の次に朝が来るように

(なしのきにさくらがなるように)

梨の木に桜が成るように

(ぼくのまえにあらわれたんだ)

僕の前に現れたんだ

(くものうえにあめがふるように)

雲の上に雨が降るように

(ひとみからうろこがおちるように)

瞳から鱗が落ちるように

(そのどれもがいともかんたんに)

そのどれもがいとも簡単に

(おこるようきがしてきたんだ)

起こるよう気がしてきたんだ

(きみはそいつをきらいになってしまったという)

君はそいつを嫌いになってしまったと言う

(もういっしょにはいられない)

もう一緒にはいられない

(きえてほしいという)

消えてほしいと言う

(うちがわからみたそいつをぼくはしらないけど)

内側から見たそいつを僕は知らないけど

(そとからみたそいつならよくしってるから)

外から見たそいつならよく知ってるから

(はんぶんしかしらないままにこたえをだすのは)

半分しか知らないままに答えを出すのは

(なんかすごくとてもあまりにもったいないから)

なんかすごくとても あまりに 勿体ないから

(そとからずっとみてたぼくのはなしをきいてよ)

外からずっと見てた僕の話を聞いてよ

(いちばんちかくにいたぼくがみてたきみはそれはきみは)

一番近くにいた僕が見てた君は それは 君は

(まよなかにかかるにじのように)

真夜中に架かる虹のように

(ひるまにかがやくほしのように)

昼間に輝く星のように

(なつにふりそそぐゆきのように)

夏に降り注ぐ雪のように

(それはそれはあたらしかった)

それは それは 新しかった

(さばくでみるしろくまのように)

砂漠で観るシロクマのように

(とかいでみるおーろらのように)

都会で観るオーロラのように

(かせいでみるせいめいのように)

火星で観る生命のように

(それはそれはうつくしかったから)

それは それは 美しかったから

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。
※このゲームにコメントするにはログインが必要です。