ステレオとモノローグ

投稿者かしわてんプレイ回数120
楽曲情報 ステレオとモノローグ  霧雨アンダーテイカ―  作詞ジョシュア・K・キリサメ  作曲霧雨アンダーテイカー
霧雨アンダーテイカー
アニメ「DOUBLE DECKER!ダグ&キリル」オープニング曲
※このタイピングは「ステレオとモノローグ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(かたてでかぞえられるくらいの)

片手で数えられるくらいの

(ゆずれないものがここにあるから)

ゆずれないものがここにあるから

(えらばれなかったみらいとえらぶきなかったいつかをはかりにかけながら)

選ばれなかった未来と選ぶ気なかったいつかを秤にかけながら

(ぼくがてにしたもの)

僕が手にしたもの

(とがったことばでかくしたよわったこころのかたすみのこったいくつかのきみがてにしたもの)

尖った言葉で隠した弱った心の片隅残ったいくつかの君が手にしたもの

(それぞれのきぼうとこどくと)

それぞれの希望と(孤独と)

(それぞれのせいぎといたみと)

それぞれの正義と(痛みと)

(それぞれのえがいたみらいがひかりがあしたにかわってく)

それぞれの描いた未来が(光が)明日に変わってく

(すてれおとものろーぐいつしかそらがなきそうになっていたんだ)

ステレオとモノローグ いつしか空が泣きそうになっていたんだ

(それはそれであめにぬれてかまいやしないっていつかおもえるような)

それはそれで 雨に濡れて 構いやしないっていつか思えるような

(ただしさそのもっとむこうへいこう)

正しさ そのもっと向こうへ行こう

(でたらめにえがいたちずとほどけかけたくつひも)

でたらめに描いた地図とほどけかけた靴紐

(こどうだけたよりにたどりついたばしょ)

鼓動だけ頼りにたどり着いた場所

(りそうとはすこしちがうとまどいからっぽになったこころにかわいたかぜがふいた)

理想とは少し違う戸惑い 空っぽになった心に 乾いた風が吹いた

(ここにあるすべてとことばと)

ここにある全てと(言葉と)

(ここにないなにかをこころを)

ここに無い何かを(心を)

(つなぐためのいままだみないたしかなあしたにかわってく)

繋ぐための今 まだ見ない(確かな)明日に変わってく

(ぱのらまのものぐらむいつしかかさなりはじめていたらしんばん)

パノラマのモノグラム いつしか 重なり始めていた羅針盤

(ここがどこでぼくがだれでかまいやしないっていつかおもえたなら)

ここがどこで 僕が誰で 構いやしないっていつか思えたなら

(ちかいのそのもっとむこうへいこう)

誓いの そのもっと向こうへ行こう

(こたえなんてたんじゅんで)

答えなんて単純で

(いつだってせんてんせいのほんしんしだいだって)

いつだって先天性の本心次第だって

(またみないふりしてほんとうをいつわって)

また見ないふりして 本当を偽って

(つくりわらうじぶんなんてもうみたくはないんだろう?)

作り笑う自分なんてもう見たくはないんだろう?

(すてれおとものろーぐいつしかそらがなきそうになっていたんだ)

ステレオとモノローグ いつしか空が泣きそうになっていたんだ

(それはそれであめにぬれてかまいやしないっていつかおもえるような)

それはそれで 雨に濡れて 構いやしないっていつか思えるような

(ただしさそのもっとむこうへちかいのそのもっとむこうへいこう)

正しさ そのもっと向こうへ 誓いのそのもっと向こうへ行こう

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。

かしわてんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971