歩く

投稿者みかんプレイ回数526
楽曲情報 歩く  ヨルシカ  作詞ヨルシカ  作曲ヨルシカ
難易度(2.5) 792打 歌詞 かな 長文モード可タグヨルシカ 歩く
ヨルシカの歩くです。
※このタイピングは「歩く」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 nekoze 4834 B 5.1 94.7% 154.1 789 44 34 2020/08/30

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(きょう、しんでいくような)

今日、死んでいくような

(そんなかんかくがあった)

そんな感覚があった

(ただあすをまって)

ただ明日を待って

(ながるきせつをみおろした)

流る季節を見下ろした

(どうせならっておもうよ)

どうせならって思うよ

(もうずいぶんとおくにきた)

もう随分遠くに来た

(なにもしらないふりはおわりにしよう)

何も知らない振りは終わりにしよう

(たしかめるようにいしだたみをあるいた)

確かめるように石畳を歩いた

(うつむきながらいくなにもみえないように)

俯きながら行く何も見えないように

(きみのたびしたまちをあるく)

君の旅した街を歩く

(わけもないのにくちをでてく)

訳もないのに口を出てく

(きのうまでぼくはねむっていた)

昨日まで僕は眠っていた

(なにもしらずにただいきていたんだ)

何も知らずにただ生きていたんだ

(それだけなんだ)

それだけなんだ

(きょう、いきてるような)

今日、生きてるような

(そんなさっかくがあった)

そんな錯覚があった

(もうそうでもいいんだ)

妄想でもいいんだ

(きみがいてくれたらいいや)

君が居てくれたらいいや

(かなしいようなうたばかりかく)

悲しいような歌ばかり書く

(ほおをつたえはなろくしょう)

頬を伝え花緑青

(ほんとうはぜんぶをしっているんだ)

本当は全部を知っているんだ

(なつのおわりだったながれるくもをよんで)

夏の終わりだった流れる雲を読んで

(かおをあげながらいくまちはおもいでのなか)

顔を上げながら行く街は想い出の中

(きみのことばをたべてうごく)

君の言葉を食べて動く

(ぼくのくちにはなにがみえる)

僕の口には何が見える

(いまでもこのめはねむってる)

今でもこの眼は眠ってる

(なにもみえずにただきみをみてる)

何も見えずにただ君を見てる

(さまようように)

彷徨うように

(あのおかのまえにきみがいる)

あの丘の前に君がいる

(そのむこうにはなにがみえる)

その向こうには何が見える

(ことばばかりがくちをつたう)

言葉ばかりが口を伝う

(なにもしらないままいきていたんだ)

何も知らないまま生きていたんだ

(それだけなんだ)

それだけなんだ

(いまでも、えいみー)

今でも、エイミー

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

みかんのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971