十六歳

投稿者村人Iプレイ回数140
楽曲情報 十六歳  Maison book girl  作詞サクライ ケンタ  作曲サクライ ケンタ
難易度(2.3) 659打 歌詞 かな 長文モード可タグMaison book girl 歌詞 ブクガ 音楽
Maison book girl/16歳
句読点や記号は省略しています
※このタイピングは「十六歳」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(よるがあけたちかてつ)

夜が明けた地下鉄、

(こーとをきたふたりの)

コートを着た二人の

(かいだんのあしおとに)

階段の足音に

(しろいいきがとけてゆく)

白い息が溶けてゆく。

(きっともどれないひびながめてた)

きっと 戻れない日々眺めてた。

(たったひとつがかけてあきらめて)

たった一つが欠けて、諦めて。

(ただねがっているのでぐちをさがして)

ただ願っているの。 出口を探して

(まちのおとをきいてるだけ)

街の音を聴いてるだけ。

(くろいひとたちがちかがいをまぜて)

黒い人たちが 地下街を混ぜて、

(にげてばかりいるのまだ)

逃げてばかりいるの、まだ。

(ほどうきょうのうえから)

歩道橋の上から、

(みどりいろときいろが)

緑色と黄色が

(まぶしくてめをとじた)

眩しくて目を閉じた。

(てつのにおいがただよう)

鉄の匂いが漂う。

(まだおぼえてるかな)

まだ 覚えてるかな

(くちびるにぬったおもいではもうわすれたの)

唇に塗った想い出はもう 忘れたの。

(あいされたいとかおもってもいいの)

愛されたいとか 思ってもいいの。

(きっとだれかはないてるの)

きっと誰かは泣いてるの。

(こうさてんのなかでみうしなっていった)

交差点の中で 見失っていった

(てとてつめたいひのあさ)

手と手、冷たい日の朝。

(ただねがっているのでぐちをさがして)

ただ願っているの。出口を探して

(まちのおとをきいてるだけ)

街の音を聴いてるだけ。

(くろいひとたちがちかがいをまぜて)

黒い人たちが 地下街を混ぜて、

(にげてばかりいるの)

逃げてばかりいるの、

(あいされたいとかおもってもいいの)

愛されたいとか 思ってもいいの。

(きっとだれかはないてるの)

きっと誰かは泣いてるの。

(こうさてんのなかでみうしなっていった)

交差点の中で 見失っていった

(てとてつめたいひのあさ)

手と手、冷たい日の朝。

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。