プルメリア~花唄~

投稿者morokosiプレイ回数199
楽曲情報 プルメリア~花唄~  Aqua Timez  作詞太志  作曲太志
難易度(3.6) 1268打 歌詞 かな 長文モード可タグ歌詞 音楽 タイピング 名言
Aqua Timez
※このタイピングは「プルメリア~花唄~」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(このゆめがこのゆめがいつかかなうときにはぼくのとなりに)

この夢が この夢がいつか 叶う時には僕の隣に

(きみがいてそうきみがいてそっとほほえみあえたらいいな)

君がいて そう君がいて そっと微笑みあえたらいいな

(まるでそれはやくそくされたようないちどきりのかぜのなかのであい)

まるでそれは約束されたような 一度きりの風の中の出逢い

(ひたすらにすろーもーしょんなあおいそら)

ひたすらにスローモーションな 青い空

(あのひきみにであいぼくはしたをむくかずもずいぶんとへり)

あの日君に出会い 僕は下を向く数も随分と減り

(もうひとりでえがおをさがそうとおもわなくなった)

もう一人で笑顔を探そうと 思わなくなった

(てをつないだってこころがきょりをとることもあるこのせかい)

手を繋いだって心が 距離を取ることもあるこの世界

(となりにいたってはてしなくとおくかんじることもあるこのせかいを)

隣にいたって 果てしなく遠く感じることもあるこの世界を

(いともたやすくきみはぬりかえた)

いともたやすく 君は塗り替えた

(このゆめがこのゆめがいつかかなうときにはぼくのとなりに)

この夢が この夢がいつか 叶う時には僕の隣に

(きみがいてそうきみがいてそっとほほえみあえたらいいな)

君がいてそう君がいて そっと微笑みあえたらいいな

(きみのようきなはなうたがぼくのにちじょうをあかるくそめる)

君の陽気な鼻唄が 僕の日常を明るく染める

(このせつなもつぎつぎといろづく)

この刹那も 次々と色づく

(おもえばぼくはいつもなにかをだれかのせいにしていきてきたよ)

思えば僕はいつも 何かを誰かのせいにして生きてきたよ

(だれかのためなにかしようとするのではなくて)

誰かのため 何かしようとするのではなくて

(まんてんのほしぞらのしたでかたりあったことをおもいだすよ)

満天の星空の下で 語り合ったことを思い出すよ

(ちいさいけどゆめがあるってしずかなそらにちかいをたてるように)

小さいけど夢があるって 静かな空に誓いを立てるように

(きみはぼくにうちあけてくれた)

君は 僕に打ち明けてくれた

(そのゆめがそのゆめがいつかかなうときにはきみのとなりに)

その夢が その夢がいつか 叶う時には 君の隣に

(ぼくがいてそうぼくがいてそっとほほえみあえたらいいな)

僕がいて そう僕がいて そっと微笑みあえたらいいな

(だいすきなうたをはみんぐしながらまどべにかざったかびんに)

大好きな歌をハミングしながら 窓辺に飾った花瓶に

(ていねいにみずをあげてるうしろすがたをいとしくおもいながらぼくはこころにつよくちかったよ)

丁寧に水をあげてる 後ろ姿を愛しく思いながら 僕は心に強く誓ったよ

(そのひとみにはかなげなみらいがうつるときにもぼくがそばにいる)

その瞳に 儚げな未来が 映る時にも 僕がそばにいる

(いつまでもそういつまでもだからだいじょうぶさそして)

いつまでも そういつまでも だから大丈夫さ そして

(このうたがこのうたがいつかりゅうこうのかげにしおれていっても)

この唄が この唄がいつか 流行の影にしおれていっても

(かまわないきみはかわらずきっとはなうたできかせてくれる)

かまわない 君は変わらず きっと花唄で聞かせてくれる

(きみがこのうたをあいしてくれる)

君が この唄を愛してくれる

◆コメントを投稿

※公序良俗に反するコメントや、他者を中傷するようなコメントはしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

morokosiのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971