SOPHIA / ヒマワリ

投稿者プレイ回数00
楽曲情報 ヒマワリ  SOPHIA  作詞松岡 充  作曲豊田 和貴
難易度(3.2) 971打 歌詞 長文モード可タグ90年代 SOPHIA 歌詞 ヒマワリ
SOPHIAのヒマワリの歌詞タイピングです。
※このタイピングは「ヒマワリ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(pleasebacktomeagainえがおみせて)

Please back to me again 笑顔を見せて

(きみがだいすきだったひまわりのように)

君が大好きだった 向日葵の様に

(こぼれたなみだのなかにはあのころのふたりが)

こぼれた涙の中には あの頃の二人が

(ならんでうつってる)

並んで映ってる

(あのひさいごにつたえられなかったことば)

あの日最後に 伝えられなかった言葉

(いまもかわらないとむねはきしむのに)

今も変わらないと 胸はきしむのに

(どうしてまどのそとそんなひとみでみるの)

どうして窓の外 そんな瞳で見るの?

(うまくなったきすがすこしかなしくて)

うまくなったキスが 少し悲しくて

(いつもふたりなにかがたりなくて)

いつも二人 何かが足りなくて

(ゆれるかみがかたにかかるたびかわるきせつに)

揺れる髪が肩にかかる度 変わる季節に…

(いつわりのことばにあうrougeのいろ)

偽りの言葉 似合うROUGEの色

(なにがだれがきみをかえてしまったの)

何が誰が君を 変えてしまったの

(いつもひとりじゃなにもできなかった)

いつも一人じゃ 何もできなかった

(あめのなかこねこがないてるみたいで)

雨の中仔猫が 泣いてるみたいで

(きみはきずつきこごえそうなよるに)

君は傷つき 凍えそうな夜に

(ひとりでよあけをさがしたんだね)

一人で夜明けを捜したんだね

(はりさけそうなちいさなむねだいて)

はりさけそうな 小さな胸抱いて

(pleasebacktomeagainえがおみせて)

Please back to me again 笑顔を見せて

(きみがだいすきだったひまわりのように)

君が大好きだった 向日葵の様に

(こぼれたなみだのなかにはかぜにゆれるひまわりあのときのままだね)

こぼれた涙の中には 風に揺れる"ヒマワリ"あの時のままだね

(いつもふたりもとめてはきずつけて)

いつも二人 求めては傷つけて

(にじんでくけしきにきえそうな)

にじんでく景色に消えそうな

(それぞれのよるをこえてきたけど)

それぞれの夜を 超えてきたけど

(pleasebacktomeagainあのころみつけた)

Please back to me again あの頃見つけた

(ひまわりをもういちどさがしにいこうよ)

向日葵をもう一度 捜しに行こうよ

(あいすることはだれかをにくむことじゃないと)

愛する事は 誰かを憎むことじゃないと

(ほほえんでいるから)

微笑んでいるから

(かざらないきみはだれよりすてきだよ)

飾らない君は誰より素敵だよ

(そのままのきみがいとしい)

そのままの君が愛しい

(まばたきするたびに)

まばたきする度に

(ほらせかいはうごいてく)

ホラ! 世界は動いてく

(ぼくたちをのせて)

僕たちを乗せて…

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※ランキング登録した名前で投稿されます。