ハナウタ

投稿者aaプレイ回数238
楽曲情報 ハナウタ  [ALEXANDROS]  作詞最果 タヒ  作曲川上 洋平
難易度(2.6) 1300打 歌詞 かな 長文モード可
いい歌です
※このタイピングは「ハナウタ」の歌詞の一部または全部を使用していますが、歌詞の正しさを保証するものではありません。
順位 名前 スコア 称号 打鍵/秒 正誤率 時間(秒) 打鍵数 ミス 問題 日付
1 mesha 5119 B+ 5.3 96.1% 243.2 1297 52 45 2020/09/06

関連タイピング

歌詞(問題文)

ふりがな非表示 ふりがな表示

(よぞらをひきさいたはるも)

夜空を引き裂いた春も

(ぼくにはふれてこなくて)

僕には触れてこなくて

(まぼろしのようにさいたばら)

まぼろしのように咲いたバラ

(いたみだけがゆびにふれる)

痛みだけが指にふれる

(いとおしさばかりうちよせ)

愛おしさばかり打ち寄せ

(だれにもふれたくはないのに)

だれにも触れたくはないのに

(ひとりきりいきるひとみに)

ひとりきり生きる瞳に

(やむことのないなみおと)

やむことのない波音

(ひかりのなかにこいをしてる)

ひかりのなかに恋をしてる

(こどくはきっとそういうもの)

孤独はきっとそういうもの

(みどりやぶれたひかげににじむよるのやけあと)

緑破れた日陰に滲む夜の焼け跡

(はしるめとろのしんどうでぼくのりんかくぼやけて)

走るメトロの振動でぼくの輪郭ぼやけて

(あいがとけだすようにゆれるぼくだけのあさ)

愛が溶けだすように揺れるぼくだけの朝

(さみしさとともにおとずれる)

さみしさとともに訪れる

(やさしさがぼくにしみつく)

やさしさがぼくに染み付く

(いつかはすべてがきえると)

いつかは全てが消えると

(ぼくのためにくりかえす)

ぼくのためにくりかえす

(ひかりのなかにこいをしている)

ひかりのなかに恋をしている

(こどくはきっとそういうもの)

孤独はきっとそういうもの

(みどりしずまるあさせのうみにあしをひたして)

緑静まる浅瀬の海に足を浸して

(はしるめとろのしんどうであいのりんかくぼやけて)

走るメトロの振動で愛の輪郭ぼやけて

(まちへながれるようにゆれるぼくだけのはる)

街へながれるように揺れるぼくだけの春

(かげももいろのそらとあさやけのうみなみまばたき)

影桃色の空と朝焼けの海波まばたき

(ともりつづけるうまれたひのあさひ)

灯りつづける生まれた日の朝日

(いきをするたびふかくそまって)

息をするたびふかく染まって

(きみにふれるたびしみるやさしさは)

きみに触れるたびしみるやさしさは

(ぼくのやさしさもつれてきえてゆく)

ぼくのやさしさも連れて消えてゆく

(いつかこどくのままあいをゆるすこと)

いつか孤独のまま愛を許すこと

(こんなぼくらにもできるのだろうか)

こんなぼくらにもできるのだろうか

(おきへとながれるせいじゃく)

沖へと流れる静寂

(だれひとりいないすなはま)

誰ひとりいない砂浜

(よばれることなどないなまえ)

呼ばれることなどない名前

(やむことのないなみおと)

やむことのない波音

(ひかりのなかにこいをしてる)

ひかりのなかに恋をしてる

(こどくはきっとそういうもの)

孤独はきっとそういうもの

(みどりふちどるよあけのかぜにすべてあずけて)

緑ふちどる夜明けの風にすべて預けて

(はしるめとろのしんどうでぼくのこどくがぼやけて)

走るメトロの振動でぼくの孤独がぼやけて

(そらへかさなるようにひびくぼくだけのまち)

空へ重なるように響くぼくだけの街

(きみにふれるたびみちたむなしさは)

きみに触れるたび満ちたむなしさは

(あいにかわらずにとけてきえてゆく)

愛に変わらずに溶けて消えてゆく

(いつかこどくのままあいをゆるすこと)

いつか孤独のまま愛を許すこと

(きみのさみしさをぼくはあいせるか)

きみのさみしさをぼくは愛せるか

(ひかりのなかにこいをしている)

ひかりのなかに恋をしている

(こどくはきっとそういうもの)

孤独はきっとそういうもの

(あいがとけだすようにゆれるぼくだけのあさ)

愛がとけだすように揺れるぼくだけの朝

◆コメントを投稿

※他者を中傷したり、公序良俗に反するコメント、宣伝行為はしないでください。

※このゲームにコメントするにはログインが必要です。

aaのタイピング

オススメの新着タイピング

タイピング練習講座 ローマ字入力表

人気ランキング

注目キーワード

JASRAC 許諾番号9014141001Y38026
NexTone 許諾番号ID000005971